グルカゴン(英語表記)glucagon

翻訳|glucagon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルカゴン
glucagon

膵臓ランゲルハンス島α細胞で生成されて分泌される血糖上昇ホルモン。近年,膵臓以外の胃,十二指腸粘膜などにもα細胞が存在するといわれる。抗インスリン作用があり,グリコーゲンの分解を促進して,血糖を上昇させる。また,肝臓蛋白質,血漿アミノ酸およびピルビン酸からの糖新生も促進する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グルカゴン

膵臓(すいぞう)のランゲルハンス島のA細胞から分泌されるホルモン。29個のアミノ酸よりなる一本鎖のポリペプチド。分子量約3500,前駆体プログルカゴンから合成される。インシュリンとは反対に,肝臓のグリコーゲンがブドウ糖に分解するのを促し,血糖量上昇の作用をもつ。
→関連項目膵臓ランゲルハンス島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グルカゴン【glucagon】

ペプチドホルモンの一つで,肝臓に作用しグリコーゲンを分解して血液中の糖分(ブドウ糖)を上昇させる。またアミノ酸からの糖新生や脂肪組織における脂肪分解を促進する。これらの作用は,グルカゴンが標的器官(肝臓,脂肪組織など)の細胞膜上に存在する特異的受容体(レセプター)と結合して,細胞内環状AMP産生を増加させることによる。グルカゴンは膵臓のランゲルハンス島にあるA(α,α2)細胞で合成,分泌されるが,このアミノ酸29個からなる分子量約3500の膵グルカゴンのほかに,より分子量の大きいいくつかの膵外グルカゴンも腸管などで見いだされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

グルカゴン【glucagon】

脊椎動物の膵臓ランゲルハンス島から分泌されるホルモン。血糖量を増加させる作用がある。グリカゴン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のグルカゴンの言及

【ホルモン】より

…しかし,魚類から鳥類までの動物では独立の組織塊として存在する。(6)膵臓ホルモン インシュリン,グルカゴンの二つがある。前者はB細胞でプロインシュリンとして生産される。…

※「グルカゴン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グルカゴンの関連情報