コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロステスト グロステスト Grosseteste, Robert

3件 の用語解説(グロステストの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロステスト
グロステスト
Grosseteste, Robert

[生]1168.2.3. サフォーク
[没]1253.10.9. バッキンガムシャー,バクデン
イギリスの聖職者,スコラ学者。オックスフォード,パリの各大学に学ぶ。 1235年リンカーンの司祭になるまで,オックスフォード大学総長として神学などを講義。この間彼はアリストテレスの著作や聖書を原語で研究し,ラテン語中心のキリスト教界に新風を吹込んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

グロステスト【Robert Grosseteste】

1168ころ‐1253
中世イギリスの自然哲学者,光学者,神学者。サセックス州の貧しい家庭に生まれたが,オックスフォードとパリで教育を受けた後,オックスフォード大学学芸学部でアリストテレスの《詭弁論駁論》《分析論後書》を講じた。1214年,同大学の初代総長に就任し,神学部で講義するとともに,新設のフランシスコ会の学校にも招かれ講義した。35年にリンカン司教に任ぜられ,没するまでその要職にあった。前半期(1220ころ‐35ころ)の学問的活動を通じ,オックスフォード大学における数学,自然哲学,光学研究を革新し,彼は同大学の科学的研究の伝統を創始した中心人物の一人となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

グロステスト【Robert Grosseteste】

1168頃~1253) 中世イギリスの哲学者・神学者。アリストテレスの論証的学問の理念の明確化、自然学における数学の重要性の強調を通じて、数学・自然哲学・光学研究を革新、いわゆるオックスフォード学派の基礎を築く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグロステストの言及

【光学】より

…イブン・アルハイサムの説は水晶体を感覚器官とした点でまちがっていたが,この誤りも含めて,その後の光学研究者に受け入れられることになった。 中世ヨーロッパの光学はキリスト教の影響下に成立したと考えることができるが,たとえば,グロステストは光によってこの宇宙が創造されたとする〈創世記〉の哲学(〈光の形而上学〉)を構築した。この議論は光学そのものの発展に寄与することが少なかったが,多くの哲学者や神学者を光学研究へと向かわせたのである。…

【中世科学】より

… 13世紀には,このようにしてとり入れられたギリシア,アラビアの科学の遺産の上に,ようやく西欧科学の独自な活動が開始される。ヨルダヌスは棹秤や斜面の静力学的問題を〈仕事〉や〈モーメント〉の概念を内包する原理によってみごとに証明し,グロステストは数学的演繹と経験的実証とを結びつける数学的経験科学の独自の方法論を展開し,その弟子R.ベーコンはこの方法論をさらに発展させ,光学の研究においてそれを実践した。またこのとき新たに受容されたアリストテレスの自然学は,アルベルトゥス・マグヌスやトマス・アクイナスに大きな影響を与え,科学知識の原理的再編成がなされた。…

【光の形而上学】より

…また東方イスラムでは〈照明学派の長老〉スフラワルディーが新プラトン主義を古代ペルシアのゾロアスター教神智学と融合させ,全宇宙の現象を本源的な〈光の光nūr al‐anwār〉の階層的発出とみなす説を唱えて東方神智学を完成させた。 アウグスティヌスと偽ディオニュシウスの伝統にたち,〈“創世記”の哲学〉とでもいえる考えから,光の形而上学を新たに精緻化して提出したのはグロステストである。彼によれば,光luxは原初の光点からあらゆる方向へ自己拡散し,無規定の第一質料に延長性を賦与し,光の無限の多数化によって質料の可能態を完全に現実化して,第一物体たる蒼穹をつくる。…

【ベーコン】より

…67年までの約20年間はこの雄大な目標に内実を与えるために費やされた。大量の研究資金を投じてギリシア,アラビアの文献を渉猟するとともに,また師グロステストやマリクール(ペトルス・ペレグリヌス)などの賢者とも交流して,有用な経験的知識の集積を図った。積年の夢を教育制度改革として実現すべく,教皇クレメンス4世(在位1265‐68)と接触し,その求めに応じて,百科全書《主要著作》の構想を練ったが,それは個人の力量をはるかに超えていた。…

※「グロステスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グロステストの関連キーワードカドワース自然神学自然哲学ヒューエルペッカムアルベルトゥスマグヌストマスアクィナスピュタゴラスブラドワディーン自然哲学者

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone