コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロズヌイ Grozny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロズヌイ
Grozny

ロシア南西部,北カフカスチェチェン共和国の首都。大カフカス山脈中部北麓にあり,テレク川支流スンジャ川にのぞむ。 1818年要塞として建設された町で,トルストイレールモントフが軍役に服したところとして知られる。 23年近くで油田が発見されたが,大規模な開発は 93年鉄道が通じてからで,以後石油産業の大中心地として発展。 1950年代には新しい油田が発見された。採掘された石油はパイプラインでカスピ海沿岸のマハチカラ,黒海沿岸のトゥアプセドンバス (ドネツ炭田) などへ送られている。大規模な石油精製業,石油化学工業があるほか,石油産業用機械,食品 (缶詰,ワイン,食肉) などの工業も盛ん。ロシアの石油産業の重要な科学技術研究中心地となっている。また共和国の教育・文化中心地で,チェチェン大学 (1972) ,教育大学,人形劇場,造形美術館などがある。ロストフナドヌーアゼルバイジャンの首都バクーを結ぶ幹線鉄道が通り,ハイウェー分岐点。空港もある。人口 27万1596(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グロズヌイ

ロシア南部,カフカス山脈北麓の都市。チェチェン共和国の主都グロズヌイ油田の中心で,カスピ海岸にパイプラインが通じる。1818年ロシアの要塞(ようさい)として創設。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グロズヌイ【Groznyi】

ロシア連邦南西部,北カフカス地方にあるチェチェン共和国の首都。人口38万7500(1992),北カフカス第3位。1818年からグロズナヤGroznaya,1870年以降現名。1818年要塞として建設され,93年の鉄道開通と油井の開削(油田の発見は1850年代)が口火となり,外国資本の主導で急速に発展,20世紀初頭にはザカフカスのバクーに次ぐ石油産業の都市となった。グロズヌイ油田は旧グロズヌイ,新グロズヌイ,ボズネセンスクの3油田から成る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

グロズヌイ【Groznyi】

ロシア連邦、カフカス山脈の北麓にあるチェチェン共和国の首都。油田地帯の中心で、石油関連工業が発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

グロズヌイの関連キーワードチェチェン関連テロ事件ハッサン バイエフユリア エフィモワアル アルハノフチェチェン紛争ハズブラートフグデルメースロシア連邦雷帝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android