グロビゲリナ軟泥(読み)グロビゲリナなんでい(英語表記)globigerina ooze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロビゲリナ軟泥
グロビゲリナなんでい
globigerina ooze

主としてグロビゲリナ (→タマウキガイ ) などの浮遊性有孔虫の石灰質殻から成る軟泥で,ほかに黄色鞭毛藻の一種,コッコリスなどの生物遺骸やコロイド状物質を含む。赤粘土とともに深海性堆積物の代表的なもので,海洋底の 40%以上に分布している。有孔虫の生産性が高い低緯度地域で,かつ陸源物質の供給の少い遠洋で,炭酸塩の溶解の少い水深 4000~5000m以浅の海域に広く分布する。太平洋南半部,大西洋,インド洋に多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グロビゲリナ‐なんでい【グロビゲリナ軟泥】

海洋堆積物(たいせきぶつ)の一。グロビゲリナの石灰質の遺体を主成分とする海底泥。乳白色・ばら色・黄色・褐色で、大西洋に広く分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

グロビゲリナ軟泥【グロビゲリナなんでい】

深海底に堆積する軟泥の一種。海のプランクトンで石灰質の殻をもつグロビゲリナ属有孔虫の死殻を多く含むのでこのように呼ばれた。現在ではグロビゲリナ以外の生物遺体が多いことがわかり,この名称は使わず一般的に石灰質軟泥と呼ばれている。炭酸石灰が30%以上含まれるもの。インド洋,太平洋では赤道を中心に分布。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

グロビゲリナなんでい【グロビゲリナ軟泥】

典型的な深海堆積物の一。グロビゲリナの遺骸が長期にわたって堆積してできた石灰質の泥。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

グロビゲリナ‐なんでい【グロビゲリナ軟泥】

〘名〙 (グロビゲリナはGlobigerina) 深海堆積(たいせき)物の一つ。浮遊性有孔虫の一種グロビゲリナの石灰質遺体を主成分とする海底の泥。乳白色、バラ色、黄色、褐色で、特に大西洋に広く分布する。球形虫軟泥。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のグロビゲリナ軟泥の言及

【石灰質軟泥】より

…化学組成の一例を表に示す。(1)有孔虫軟泥foraminiferal ooze 最も典型的な石灰質軟泥で,古くからグロビゲリナ軟泥globigerina oozeという名で知られ,炭酸石灰を50~80%含むものが多い。この軟泥を62μm(250メッシュ)のふるいで水洗すると,網目上に残った部分はほとんど浮遊性有孔虫(グロビゲリナ超科)の殻であり,網目を通過した細粒部はコッコリス類の殻片を無数に含んでいる。…

【タマウキガイ】より

…殻は薄い石灰質で,多くの小さい穴があり,その間より細長いとげを出している。死んで殻が中心となって海底に沈積したものをグロビゲリナ軟泥Globigerina oozeといい,大洋の水深2500~4500mの海底を覆っている。【今島 実】。…

【有孔虫】より

…全海洋を通じて,暖・寒両水系の種群が赤道にほぼ平行な帯状に分かれて分布する。大洋底の約47%を占めるグロビゲリナ軟泥はこれら浮遊性有孔虫の遺骸で形成されている。一般に有孔虫の分布を規制する環境要因として,深度,水温,密度,光量,塩分,水素イオン濃度,酸素,栄養塩類,地形,距岸距離,底質,底生生物などが重視される。…

※「グロビゲリナ軟泥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android