ケイ(珪)酸塩(読み)けいさんえん

百科事典マイペディア「ケイ(珪)酸塩」の解説

ケイ(珪)酸塩【けいさんえん】

ケイ酸の塩で,一般には二酸化ケイ素SiO2と金属酸化物とからなる塩(図)などをいう。天然に広く,かつ多量に存在し,地殻の主成分。アルミニウム,鉄,カルシウムカリウムナトリウムなどの塩が多い。一般に融点が高く(多くは1000℃以上),融解してから冷却するとガラスをつくりやすい。アルカリ金属塩を除いて水に難溶。フッ化水素酸以外の酸,その他の試薬に侵されにくい。耐火物,ガラス,セメント陶磁器ゼオライト触媒などの製造に使用。→ケイ酸塩鉱物ケイ素酸素四面体
→関連項目セラミックス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android