コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ藻土 けいそうどdiatomaceous earth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ藻土
けいそうど
diatomaceous earth

おもにケイ藻の殻から成る軟質岩石または土壌。海成のものと,淡水成のものとがある。良質のものは二酸化ケイ素を 90%以上含み,アメリカ,カナダ,オーストラリアアフリカ多産する。日本では八束 (岡山県) ,豊後中村地区 (大分県) ,能登 (石川県) などに産する。ろ過材,吸収材,研磨材断熱材などに利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケイ藻土の関連キーワードガスクロマトグラフィーケイ藻土(珪藻土)クロマトグラフィーダイナマイト珠洲[市]ミーバトン西郷[町]耐火断熱材断熱煉瓦堆積鉱床佐藤伝蔵水ガラススカイ島バリミナケイ藻類ポゾランノーベル七尾市シラス熱伝導

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android