コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケワタガモ ケワタガモ eiders

3件 の用語解説(ケワタガモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケワタガモ
ケワタガモ
eiders

カモ目カモ科のケワタガモSomateria とコケワタガモ属 Polysticta の鳥の総称。ホンケワタガモ Somateria mollissima,ケワタガモ S. spectabilis,メガネケワタガモ S. fischeri,コケワタガモ Polysticta stelleri の 4種がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケワタガモ

カモ科の鳥。翼長27cm。雄の体と風切羽が黒で胸は白からピンク色,額とくちばしはだいだい色など多彩な色。雌は地味な褐色。北極海沿岸で繁殖し,アリューシャン列島大西洋ニューファンドランド島などで越冬。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケワタガモ
けわたがも / 毛綿鴨
eider

鳥綱カモ目カモ科ケワタガモ属に含まれる鳥の総称。この属Somateriaの仲間は北極圏特産の潜水ガモで、全長約53~60センチメートル。次の3種がある。ホンケワタガモS. mollissimaは大形の種で6亜種があり、雄の体は下面が黒色、上面は白色、嘴(くちばし)に続く鼻部がV字状に伸びる。ケワタガモS. spectabilisは嘴が赤く鼻部が広い板状で、日本にも迷鳥の記録がある。メガネケワタガモS. fischeriは目の周囲が広く白い。近縁種には全長約45センチメートルと小形で別属のコケワタガモPolysticta stelleriがあり、日本には迷鳥として訪れる。これらの種の雌はいずれもマガモの雌に似て、赤褐色に黒斑(こくはん)のある枯れ草色の保護色をしている。ツンドラや岩のある草地などに営巣し、多量の綿羽を抜いて敷き、さらに卵を覆って保温と保護に用いる。この綿羽は昔から寝袋や衣類、ふとんなどの保温用詰め物に利用されてきた。好条件の所には分布密度の高い縄張りをもって営巣し、1腹5卵を産む。約26日で孵化(ふか)し、雌と雛(ひな)は数家族が合流し、雄は別群をつくる。繁殖に続いて換羽し、雛が飛力を得るころ親も新羽となる。一定の換羽地に換羽のための渡りを行う場合もある。潜水は16メートルぐらいが限度で、とる餌(えさ)は甲殻類や軟体動物などの動物質が多く、植物質は少ない。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケワタガモの関連キーワードカモかもかも黒鳥毛綿鴨縞味羽白鴨晨鳧カモ(鴨)ケワタガモ(毛綿鴨)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケワタガモの関連情報