コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケン(鹸)化 けんか

百科事典マイペディアの解説

ケン(鹸)化【けんか】

元来は油脂をアルカリで加水分解してセッケンをつくる反応をいったが,現在では広義に,一般のエステルを加水分解して,アルコールとカルボン酸またはその塩を生成する反応をいう。
→関連項目グリセリン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ケン(鹸)化の関連キーワードカルボン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android