コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケン(鹸)化 けんか

1件 の用語解説(ケン(鹸)化の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ケン(鹸)化【けんか】

元来は油脂をアルカリ加水分解してセッケンをつくる反応をいったが,現在では広義に,一般のエステル加水分解して,アルコールカルボン酸またはその塩を生成する反応をいう。
→関連項目グリセリン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ケン(鹸)化の関連キーワード鹸化石鹸プロテオースアルカリ加水分解けん(鹸)化酸価酸加水分解新式醸造デンプン糖不けん化物

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone