コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルマン部族法 ゲルマンぶぞくほう Leges barbarorum

2件 の用語解説(ゲルマン部族法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゲルマンぶぞくほう【ゲルマン部族法 Leges barbarorum】

中世初期におけるゲルマン諸部族の法。とくに5世紀後半から9世紀初頭にかけて成立した諸部族法典を指す。卑俗ラテン語で記録され,内容的には贖罪(しよくざい)金(ブーセ)の規定や訴訟法的規定が多い。私法的規定は少数であり,国制,行政法にいたってはほんのわずかである。当該部族民にのみ適用される属人法であった。諸部族法典は,成立の時期と条件を異にする三つのグループに大別される。 第1は,ローマ帝国領内に定住したゲルマン人の法記録。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲルマン部族法
げるまんぶぞくほう
VolksrechteStammesrechteドイツ語
leges barbarorumラテン語

中世初期のフランク時代におけるゲルマン諸部族の法。ゲルマン人は2世紀後半からの民族大移動によってヨーロッパ各地に定住し王国をつくったが、ローマ法文化やキリスト教の影響を受けつつ5世紀末から9世紀にかけて彼らの慣習法を成文化した。もっとも有名なものは、フランク人の一派であるサリ支族のサリカ法典Lex Salicaである。これはフランク王国の建設者クロービスClovis(クロードウィヒChlodwig)によって、507年から511年に制定されたものとされている。その他フランク系のリブアリ支族のリブアリア法典Lex Ribuaria、バイエルン部族法典Lex Baiuwariorum、アラマン部族法典Lex Alamannorumなど数多くの法典が制定された。サリカ法典は純粋なゲルマン慣習法を伝えているとされるが、その他の部族法は大なり小なりローマ法文化やキリスト教の影響を受け、東ゴート西ゴートランゴバルドなど地理的にローマに近い地方に定住した部族の法典ほど、その度合いは大きい。これらの法典は、東ゴートのテオドリック王法典を除いて、それぞれの部族構成員のみに適用される属人法であり、西ローマ帝国滅亡後に被支配者となったローマ人には別にローマ人法が制定された。部族法の内容は、刑法、訴訟法に関するものがその大部分を占め、私法的規定は少ない。やがてフランク王国の確立に伴って、これらの部族法はフランク王国の王法と対立をみせるようになった。[佐藤篤士]
『久保正幡訳『サリカ法典』(1977・創文社) ▽久保正幡訳『リブアリア法典』(1977・創文社) ▽世良晃志郎訳『バイエルン部族法典』(1977・創文社) ▽『西洋法制史料選 中世』(1978・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲルマン部族法の関連キーワードゲルマン語派ゲルマン法フランク族フランス語メロビング朝ランケチュートンロマンス諸語ルンゲの法則(ゼーマン効果)レーデルマンの法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone