コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲンツ Gentz, Friedrich von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲンツ
Gentz, Friedrich von

[生]1764.5.2. ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
[没]1832.6.9. ウィーン
ドイツの政治評論家,政治家。初めプロシアの下級官僚として,啓蒙主義を奉じ,フランス革命の正当性を評価したが,やがてジャコバン派の進出とともに反革命に転じ,E.バークの反革命論『フランス革命に関する省察』を独訳,紹介して注目を集めた。 1802年より保守的文筆家としてオーストリア政府に招かれ,イギリス,オーストリアおよびプロシアを糾合してナポレオン1世にあたるよう力説,反ナポレオン政策を主張し続けた。晩年はメッテルニヒの片腕となり,ヨーロッパでの各会議に参与し,特にウィーン会議ではメッテルニヒの補佐役として,儀礼の主人公と会議の事務局長を兼ねた。『新ドイツ月刊』 Die neue deutsche Monatschrift (1795) ,『歴史日報』 Das historische Journal (99) ,『ウィーン文学年報』 Die Wiener Jahrbücher der Literatur (1818) などの諸誌を刊行し,主著に『反フランス革命戦争の起源と性格について』 Über die Ursprung und Charakter des Krieges gegen die französische Revolution (61) がある。

ゲンツ
Gentz, Heinrich

[生]1766.2.5. ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
[没]1811.10.3. ベルリン
ドイツの建築家。 K.ゴンダルトの弟子。 1790~95年イタリアで修業。ギリシア建築を範とし,新古典主義を標榜。ゲーテに招かれ,ワイマール選帝侯居城の一部 (1801~03) を制作。ほかにベルリン造幣局 (1798~1800,86破壊) ,ルイゼ王妃霊廟 (10) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゲンツの関連キーワードミュラー(ドイツの哲学者 Adam Heinrich von Müller)ハイドン:アンダンテと変奏曲 ヘ短調/piano soloゲンツ(Árpád Göncz)トーマス ノヴォラツスキーデービッド パウントニーフィリップ アルローダグル・シグルドソンフォラルルベルク州ピーター ズントーフォアアールベルクウィーン交響楽団ウルフ シルマーパンチェン・ラマパンチェン・ラマブレゲンツ音楽祭ラン・ボシーレクコルンバヌスパクモトゥパハンガリー史モンタフォン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android