コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウホネ(河骨) コウホネNuphar japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウホネ(河骨)
コウホネ
Nuphar japonicum

スイレン科の多年生の水草。カワホネともいう。日本各地の池沼中に生じる。根茎は水底の泥中を横走し,その先端部から葉が出る。葉は円柱形の葉柄があり水面上に突き抜けて葉を出す。葉身は長卵形ないし長楕円形で先はとがり,基部は鏃 (やじり) 形をしている。しばしば細長い沈水葉も生じる。夏に,葉柄よりも長く,円柱形の花柄をもつ径 5cmほどの黄色の花が咲く。花は花弁状化した萼片5枚と多数の小型の花弁,おしべ多数が螺旋状に並び,その中心に広卵形の1子房がある。子房の頂部は盤状 (柱頭盤) をなし,放射上に柱頭が並ぶ。北海道や本州北部には別種のネムロコウホネ N. pumilumがあり,葉はスイレンのように水面に浮び,柱頭盤はやや赤みを帯びる。北半球の冷温帯に広い分布をもつ種である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コウホネ(河骨)【コウホネ】

北海道〜九州,朝鮮半島の小川や沼にはえるスイレン科の多年生水草。根茎は白くて太く,水中葉は薄い膜質,水上葉は長卵形で長さ20〜40cm,基部は矢尻形で厚くつやがある。
→関連項目雨竜沼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コウホネ【コウホネ(河骨) yellow pond lily】

池や川に野生し,しばしば庭園などで栽培されるスイレン科の大型多年生水草(イラスト)。夏に鮮黄色の花を咲かせる。根茎は太く白い海綿質で,泥中を長く横にはい,まばらに分枝する。葉は根茎上にらせん状につき,水上葉・水中葉の2型がある。水面より抜き出る水上葉は長卵形,基部はほこ形,全縁である。水中葉はうすい膜質で周囲は波うつ。花は長い花柄上に頂生し,花弁状の萼片は鮮やかな黄色で5枚,花弁は小型で多数。おしべは幅の広い花糸を持ち多数。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコウホネ(河骨)の言及

【民間薬】より

…これらには苦味作用をはじめ多彩な薬理作用があることが確かめられている。コウホネは小川,池や沼などに自生する水中多年草で,根茎を乾燥したものが浄血,止血の目的で婦人病に用いられる。その有効成分はアルカロイドのヌファリジン,デオキシヌファリジン,ヌファラミンなどとされている。…

※「コウホネ(河骨)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コウホネ(河骨)の関連キーワード北オホーツク道立自然公園

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android