コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コキンチョウ Erythrura gouldiae; gouldian finch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コキンチョウ
Erythrura gouldiae; gouldian finch

スズメ目カエデチョウ科。全長 14cm。頭部が黒,赤,黄色の三つの型がある。後頸部,腰は空色後頭部から背は黄緑色,胸は紫色で腹部は黄色。尾羽は中央の 2枚がやや長く黒色円錐形で,色が黄白色で先端が赤い。オーストラリア北部のサバナに分布する。頭部の黒い型と赤い型の割合は約 3対1,黄色の型は,黒と赤 1000羽に対して 1羽ぐらいの割合で,最少種子食なので飼いやすく,羽色が鮮やかであることから世界中に輸出され,日本でもよく飼育されている。しかし野生の鳥は,放牧野焼き生息環境が悪化しているうえ,感染症などの影響でたいへん少なくなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コキンチョウ

カエデチョウ科の鳥。オーストラリア北部の草原にすみ,地上で雑草の種子などを食べる。日本では飼い鳥として一般的。翼長6.5cm,尾羽は長い。雄は背面が緑,胸が紫,腹部は黄色のものが一般的。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コキンチョウ
こきんちょう / 胡錦鳥
gouldian finch
[学]Chloebia gouldiae

鳥綱スズメ目カエデチョウ科の鳥。同科コキンチョウ属に含まれ、1属1種である。全長約14センチメートル。極彩色の羽毛をまとった鳥で、背面は緑色、上尾筒は青色、胸は紫色、下面は黄色。嘴(くちばし)は肉色で先端が赤い。個体により頭部が赤色、黒色、黄色などと変化があり、黄色は数千羽に1羽程度しかいないといわれる。頭部の赤いのがアカコキンあるいはコキン、黒いのがクロコキン、黄色のがオウゴンコキンなどとよばれ珍重される。オーストラリア北部の熱帯圏にある草原にすみ、草本の種子、穀物を好むが、昆虫などもとる。カエデチョウ科のうちの6属51種を含むキンパラ類の代表的な高級飼い鳥である。
 同じオーストラリア北部とニューギニアにシマコキンLonchura castaneothraxとよばれる鳥がいるが、コキンチョウと異なりキンパラ属である。全長約10センチメートル、背面淡褐色、上尾筒橙黄(とうこう)色、顔黒色、胸栗(くり)色、下面白色、嘴青灰色のかわいい鳥で、草原、葦原(あしはら)にすむ。オセアニアの諸島に輸入され、野生化したものも少なくない。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コキンチョウの関連キーワードコキンチョウ(胡錦鳥)ヒワ(鶸)シマコキン坂根

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android