コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクサッキーウイルス Coxsackie virus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コクサッキーウイルス
Coxsackie virus

ピコルナウイルス群の小さな RNAウイルスで,腸管系ウイルスの代表的なもの。最初に分離された場所の地名をとって命名された。A,Bの2群に分けられ,A群はさらに 24型に,B群は6型に分けられる。A群は広範に骨格筋を侵す。特に小児にヘルパンギーナ (水泡性口峡炎) を起し,咽頭発赤,口腔前面の小水疱,発熱,咽頭痛,食欲不振などの症状が現れる。B群は,特に胸膜痛と急性特発性心筋炎の原因となる。また,両者ともウイルス性髄膜炎を起すことがある。感染初期には血液や咽頭から検出されるが,やがて便中に排泄されるようになる。便中の病原体が経口的に感染するのが普通の伝染経路で,潜伏期は2~5日,夏季に最も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コクサッキー‐ウイルス(Coxsackie virus)

米国のニューヨーク州コクサッキーで最初に分離された球状のウイルス。主に子供が感染し、風邪の症状にはじまり、髄膜炎筋炎を起こす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

コクサッキーウイルス【coxsackie virus】

エンテロウイルス属の球状 RNA ウイルス。ヘルパンギーナ・無菌性髄膜炎など多様な疾患を引き起こす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コクサッキーウイルス
こくさっきーういるす
[学]Coxachie virus

ピコルナウイルス科のエンテロウイルスに属するウイルス。1本鎖のRNA(リボ核酸)を有し、直径27~28ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)。カプソメア(カプシドの構造単位)数32、正二十面体をなし、エンベロープ(外被)はない。エーテルには耐性。血清学的にはA、Bの2群に大別され、Aは24型、Bは6型に分類される。本ウイルスはエタノール(エチルアルコール)、クレゾールなどの消毒剤に安定し、ホルマリン、溶液濃度0.1Nの塩化水素ではただちに不活性化する。マウスに病原性が強く、チンパンジーとミドリザルでは無症状感染をする。サルの腎(じん)細胞、ヒトの羊水細胞、胎児繊維芽細胞などでよく増殖する。アメリカ合衆国・ニューヨーク州のコクサッキー町で分離されたのでこの名がある。本ウイルスには種々の疾患をおこすウイルスが含まれる。感染初期には咽頭(いんとう)にウイルスが存在し、ついでウイルス血症が生じ、それぞれの症状が現れてくる。本ウイルスは糞便(ふんべん)中に数週間排出する。コクサッキーBウイルスは、致命率の高い乳幼児脳心筋炎をおこすことで知られる。このほか、コクサッキーウイルスによる臨床症状としては、ヘルパンギーナ(水疱(すいほう)性口峡炎)、夏季熱、胸痛症、無菌性髄膜炎、新生児感染症、かぜ症候群、手足口病、心筋炎、糖尿病などがある。[曽根田正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コクサッキーウイルスの関連キーワード亜急性甲状腺炎(デュ・クェルバン甲状腺炎)皮膚に水疱ができるウイルス感染症かぜ症候群をおこすウイルスかぜとインフルエンザの予防かぜ症候群(普通感冒)おもな感染症と病原体ピコルナウイルスウイルス性発疹症無菌性髄膜炎伝染性下痢症かぜ症候群手足口病ポリオ脳炎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コクサッキーウイルスの関連情報