コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コゴメウツギ Stephanandra incisa Zabel

2件 の用語解説(コゴメウツギの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コゴメウツギ【Stephanandra incisa Zabel】

丘や山地によく見られるバラ科の落葉低木(イラスト)。幹は灰白色になり,叢生(そうせい)して,よく枝分れをし,高さは1m以下。葉は卵形で,先は長くとがり,ふちは浅くまたは中ほどまで裂け,両面とも軟らかい毛がある。花は,5月ごろに,総状花序をなして咲き,花弁は5枚で,白く広卵形,おしべは10本。果実は袋果で小さくて球形,熟すると裂ける。北海道から九州まで,また中国大陸にも分布する。蛇紋岩や石灰岩地帯に多く見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コゴメウツギ
こごめうつぎ / 小米空木
[学]Stephanandra incisa (Thunb.) Zabel

バラ科の落葉低木。高さ1~1.5メートル。茎の太い部分は中空で、よく分枝し、枝は細くやや赤みを帯びる。葉は互生し、三角状卵形ないし広卵形の単葉で、羽状に浅裂ないし中裂し、先端がやや尾状にとがり、縁(へり)に粗い鋸歯(きょし)がある。5~6月、新枝の先に径約4ミリメートルの白色の5弁花を多数開く。雄しべは10本。果実は袋果(たいか)で毛がある。名は、小さい白い花を小米(こごめ)に見立てたもの。北海道から九州までの太平洋側の山地におもにみられ、朝鮮、中国にも分布する。コゴメウツギ属は東アジアに4、5種あり、日本、朝鮮半島、中国に分布する。日本には別種カナウツギがある。葉は互生し托葉(たくよう)がある。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone