コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コゴメウツギ Stephanandra incisa Zabel

2件 の用語解説(コゴメウツギの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コゴメウツギ【Stephanandra incisa Zabel】

丘や山地によく見られるバラ科の落葉低木(イラスト)。幹は灰白色になり,叢生(そうせい)して,よく枝分れをし,高さは1m以下。葉は卵形で,先は長くとがり,ふちは浅くまたは中ほどまで裂け,両面とも軟らかい毛がある。花は,5月ごろに,総状花序をなして咲き,花弁は5枚で,白く広卵形,おしべは10本。果実は袋果で小さくて球形,熟すると裂ける。北海道から九州まで,また中国大陸にも分布する。蛇紋岩や石灰岩地帯に多く見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コゴメウツギ
こごめうつぎ / 小米空木
[学]Stephanandra incisa (Thunb.) Zabel

バラ科の落葉低木。高さ1~1.5メートル。茎の太い部分は中空で、よく分枝し、枝は細くやや赤みを帯びる。葉は互生し、三角状卵形ないし広卵形の単葉で、羽状に浅裂ないし中裂し、先端がやや尾状にとがり、縁(へり)に粗い鋸歯(きょし)がある。5~6月、新枝の先に径約4ミリメートルの白色の5弁花を多数開く。雄しべは10本。果実は袋果(たいか)で毛がある。名は、小さい白い花を小米(こごめ)に見立てたもの。北海道から九州までの太平洋側の山地におもにみられ、朝鮮、中国にも分布する。コゴメウツギ属は東アジアに4、5種あり、日本、朝鮮半島、中国に分布する。日本には別種カナウツギがある。葉は互生し托葉(たくよう)がある。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コゴメウツギの関連キーワード肝木小米空木山椒薔薇白山吹谷空木熊苺高嶺七竈高嶺薔薇薔薇苺丸葉空木

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone