コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コジュケイ コジュケイ Bambusicola thoracicus; Chinese bamboo partridge

3件 の用語解説(コジュケイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コジュケイ
コジュケイ
Bambusicola thoracicus; Chinese bamboo partridge

キジ目キジ科。全長 27cm。頭上は濃褐色,眉斑は灰色,顔と喉は赤褐色。上胸部は灰色。背は灰褐色で,濃褐色の斑がある。と尾は灰褐色。胸には褐色横帯があり,腹部は黄褐色で脇に褐色斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コジュケイ

キジ科の鳥。翼長13cm。ウズラに似るが,ずっと大きい。中国南部原産で,日本では1920年ごろ初めて東京と横浜に放鳥された。その後狩猟鳥として放たれたものがふえて,現在は北海道以外の各地に分布。
→関連項目シャコ(鳥類)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コジュケイ
こじゅけい / 小綬鶏
bamboo partridge
[学]Bambusicola thoracica

鳥綱キジ目キジ科の鳥。中国の揚子江(ようすこう)流域以南と台湾に自然分布する。1919年(大正8)以降、中国産の亜種が日本の各地に放鳥されて野生化し、岩手県以南の本州の太平洋沿岸、四国、九州では普通に繁殖しており、台湾産の亜種テッケイ(タイワンコジュケイ)も神戸付近で野生化している。全長約27センチメートル。雌雄同色で、上面は褐色地に黒色の小縦斑(じゅうはん)があり、下面は淡黄褐色で、わきに小縦斑がある。のど、頸(くび)は赤褐色、胸と眉斑(びはん)は青灰色。体つきはずんぐりしていて尾も短い。山や平地の明るい林、竹林、草原などにすみ、歩き回りながら雑草の種子、果実、昆虫など動物質のものを採食する。繁殖期の雄は、「チョットコイ、チョットコイ」と聞こえる大きな声を盛んに出す。林の中の草陰に浅いくぼみを掘って巣とし、5、6月ごろ淡い灰黄色の卵を5~10個産む。雛(ひな)は早成で、孵化(ふか)したときには綿毛が生えそろっており、数時間後には親のあとについて、巣を離れてしまう。外敵にあったときに短い距離を飛ぶだけで、渡りもしない。繁殖期以外は数羽から十数羽の群れで生活する。自然分布していない動物を移入して野生化させることは、一般的に好ましいことではない。しかし、コジュケイの移入が、キジ、ウズラなど日本在来の近縁種に与えた具体的影響についてはよくわかっていない。
 この種はまた、猟犬を使った銃猟の対象として喜ばれ、1970年(昭和45)前後には毎年100万羽以上が猟獲されていたが、その後捕獲数が激減した。肉は美味で、ニワトリと同じように下ごしらえしてから、まるごとローストにしたり、薄切りをすき焼きにする。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コジュケイの関連キーワードウズラ鶉茸竹鶏三斑鶉山鶉鶉チャボ鷸駝鳥ウズラ(鶉)シャコ(鷓鴣)ミフウズラ(三斑鶉)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コジュケイの関連情報