コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コジュリン コジュリン Emberiza yessoensis; Japanese reed bunting

2件 の用語解説(コジュリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コジュリン
コジュリン
Emberiza yessoensis; Japanese reed bunting

スズメ目ホオジロ科。全長 14cm。雄は,夏羽では頭部と喉が黒色,背,尾は褐色で,背には明暗の縦斑がある。胸腹部は汚白色。雌は,頭部は褐色で汚白色の眉線と頬線があり,体の他の部分は雄と同じである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コジュリン
こじゅりん / 小寿林
Far-Eastern reed bunting
[学]Emberiza yessonsis

鳥綱スズメ目ホオジロ科の鳥。同科ホオジロ属38種中の1種。全長約14.5センチメートル。繁殖期の雄は頭、頸(けい)部が黒色となるので、ナベカムリ(鍋被)の一名がある。アジア東部特産種で、日本、ウスリー川、黒竜江上流域地方で繁殖し、冬季朝鮮半島や中国沿海地方に至る。日本では南千島、北海道、東北、関東、中部地方の丈の高い草原で繁殖し、冬季は本州中部以南太平洋岸の温暖地に漂行するが、個体数の少ない種である。主として昆虫、クモ、ダニなどの動物質、植物では草本の種子を食べる。大陸系のものをチョウセンコジュリンとよぶ。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コジュリンの関連キーワード島青鵐頬白深山頬白オオジュリン(大寿林)シマアオジ(島青鵐)ノジコ(野路子∥野鵐)フウキンチョウ(風琴鳥)ホオアカ(頰赤)ホオジロ(頰白)ユキホオジロ(雪頰白)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone