コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コデマリ

百科事典マイペディアの解説

コデマリ

中国原産のバラ科の落葉低木。高さ1〜1.5m,庭木切花に使う。枝は根元から多数でて細く,若い時は赤褐色で,先端がやや垂れ下がる。4〜5月,葉とともに,白い5弁花がまりのようにかたまってつく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コデマリ【Spiraea cantoniensis Lour.】

バラ科の株立ちになる落葉低木で,観賞のため栽植される(イラスト)。ユキヤナギに似て高さ1~2m,枝は株もとから多数が分出し,先端部はやや垂れさがる。葉は披針形から長楕円形で互生し,長さ3cmほど。花は前年枝から出る短い当年枝の先につく散房花序に球状をなしてつき,コデマリの名がついた。花数は20個ぐらい。径8mmほどの白色5弁花で,花期は新枝が伸びてから開花するのでユキヤナギより遅く,4~5月。枝は赤褐色で,葉が濃緑色の点もユキヤナギと異なる特徴である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コデマリ
こでまり / 小手毬
[学]Spiraea cantoniensis Lour.

バラ科の落葉低木。高さ1~2メートルで株立ち状になり、枝先はやや弓形になる。葉は互生し、菱(ひし)状披針(ひしん)形または菱状長楕円(ちょうだえん)形、長さ2~4センチメートルで先はとがり、基部はくさび形になって狭まる。縁(へり)の上半部に鋸歯(きょし)があり、両面無毛で、裏面は白色を帯びる。4~5月、小枝の先に径約3.5センチメートルほどのまり状の散房花序をつけ、20個内外の白色の小花を開く。花は径約1センチメートルで、ほぼ円形の花弁が5枚あり、萼片(がくへん)は卵状三角形で先がとがり、縁に毛がある。雄しべは20~25本で、雌しべは5、6本ある。果実は5個の小さい袋果からなり、10月ころ、褐色に熟して裂ける。
 中国中部の原産であるが、日本では江戸時代初期から栽培している。北海道から九州まで広く庭木として植え、またいけ花に古くから用いられている。土地を選ばず、日当りのよい所でよく育つ。繁殖は挿木、株分けによる。テマリバナに似ているが、花序が球形で小形なのでこの名がつけられた。古くからスズカケともよばれている。品種に八重咲きのヤエコデマリがある。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コデマリの関連キーワードシジミバナ(蜆花)アメリカシモツケフタスジチョウ静岡県湖西市テマリバナ小林義雄手鞠花雪球花花序鈴懸鈴掛

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コデマリの関連情報