コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミンフォルム Cominform

翻訳|Cominform

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コミンフォルム
Cominform

共産党・労働者党情報局 Information Bureau of the Communist and Workers' Partiesの略称。第2次世界大戦直後のソ連圏におけるイデオロギー統一のための国際組織。 1947年9月ヨーロッパ9ヵ国の共産党および労働者党が相互の連携強化と情報交換を目的として創設。当初の参加政党は,ユーゴスラビア,ブルガリア,ソ連,フランス,チェコスロバキア,イタリアの各共産党,ルーマニア労働者党,ハンガリー勤労者党,ポーランド統一労働者党の9つであったが,48年6月,プロレタリア国際主義に反する反ソ的態度,ブルジョア民族主義的偏向などの理由でユーゴスラビア共産党が除名された。創設の理由は,43年5月コミンテルンの解散以後,各国共産党,労働者党間の組織的連絡が存在しなくなっていたところに,47年3月のトルーマン・ドクトリン,6月のマーシャル・プランなどにみられるようなアメリカを先頭とするヨーロッパ資本主義諸国の国際協調政策が積極化したため,これに共同して対抗する必要が生じたことにある。本部は最初ユーゴスラビアのベオグラード,のちルーマニアのブカレストにおかれ,機関紙として隔週刊 (のち週刊) の『恒久平和と人民民主主義のために』が十数ヵ国語で発行された。しかし 56年4月 17日,8ヵ国の党中央委員会は,コミンフォルムの解散と機関紙の発行停止を声明した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コミンフォルム(Cominform)

Communist Information Bureau》共産党・労働者党情報局。1947年、ソ連をはじめとするヨーロッパ9か国の共産党が設立した情報交換、活動調整のための連絡機関。ソ連共産党の指導下にあったが、1956年解散。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コミンフォルム

〈共産党および労働者党情報局〉の略称。1947年東欧7ヵ国に仏・伊を加えた9ヵ国の共産党が創立。冷戦期における西側陣営との闘争に各国共産党を動員する役割を果たした。
→関連項目ゲオルギウ・デジCOMISCOスースロフセルビア・モンテネグロソビエト連邦共産党第2次世界大戦チトー日本共産党

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コミンフォルム【Cominform】

Information Bureau of the Communist and Workers’ Parties(Communist Information Bureau)の略称。〈共産党および労働者党情報局〉と訳される。1943年5月のコミンテルン解散後,47年9月,ヨーロッパ共産党,労働者党の連絡組織として,ポーランドで結成された。本部は最初ベオグラードにあったが,ユーゴスラビア共産党除名(1948)後はブカレストに移転。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コミンフォルム【Cominform】

〔Communist Information Bureau の略〕
共産党・労働者党情報局。1947年、アメリカの封じ込め政策に対抗して、ヨーロッパ九か国の共産党が情報交換と活動調整を図るために組織した機関。56年、スターリン批判後解散。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コミンフォルム
こみんふぉるむ
Cominform

共産党および労働者党情報局Communist Information Bureauの略称。第二次世界大戦後東西両陣営の形成とその間の緊張化が進むなかで、ソ連を中心とするヨーロッパ9か国の共産党および労働者党が相互に情報や経験を交換することを本来の目的として設置された国際機関。その設置は1947年10月に公式に発表されるが、すでに9月には各党(ソ連をはじめ、ユーゴスラビア、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、ポーランド、チェコスロバキアの各党、さらにフランス、イタリア両資本主義国の共産党もこれに参加した)の2名ずつの代表らによる第1回総会が開かれている。この会議では、ユーゴスラビアのベオグラード(のちルーマニアのブカレスト)にコミンフォルムの本部を置くことや、機関紙『恒久平和と人民民主主義のために』を隔週(のち毎週)発行することなどが決定された。
 コミンフォルムは、必要な場合に相互の合意に基づいてのみ活動の調整を行うものとされ、ソ連の指導性はある程度認めながらも、コミンテルンのような指導機関となることは否認されていた。しかし1948年のユーゴスラビアの除名を契機に、「修正主義の一掃」や「東側陣営の結束」を理由とした統制がスターリンによって強化される。こうして、戦後一時期認められたかのように思われた社会主義への道の多様性はふたたび否定され一元化された。
 しかし1953年スターリンの死後、フルシチョフの登場などからスターリン体制の見直しが始まり、対外的にも各国の社会主義への道の多様性をソ連は表面上認めるようになる。55年フルシチョフのユーゴスラビア訪問はそれを象徴する事件の一つであった。このとき、ユーゴスラビアの除名に関するコミンフォルムの決議は否認された。こうして、ソ連における非スターリン化の進展に伴い、56年コミンフォルムは解散された。しかしこの組織が、アメリカによる戦後世界の帝国主義的再編に対抗するうえで果たした役割は見逃せない。[越村 勲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコミンフォルムの言及

【冷戦】より

…たとえば,アメリカは東側ブロックを〈多数の上に強制された少数の意志を基礎としている。それは恐怖と弾圧,新聞・ラジオの検閲,定められた選挙,そして個人の自由の抑圧に依存している〉(1947年3月,トルーマン・ドクトリン)体制であるとし,ソ連は西側陣営を〈帝国主義・反民主主義陣営で,アメリカ帝国主義の世界制覇と民主主義の破壊とを基本目的としている〉(1947年9月,コミンフォルム宣言)体制であると批判した。 イデオロギー対立は,確かにこの時代に限られたものではない。…

※「コミンフォルム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コミンフォルムの関連キーワードジダーノフ(Andrey Aleksandrovich Zhdanov)共産主義者同盟[ユーゴスラビア]ユーゴスラビア共産主義者同盟社会主義インターナショナルソビエト連邦史(年表)アンドレイ ジダーノフ共産党労働者党情報局ソ連=ユーゴ共同宣言ミハイル スースロフ新ベオグラード宣言パーベル ユージンユーゴスラビア内戦コミンフォルム批判バルカン連邦構想バルカン三国同盟冷戦史(年表)非スターリン化世界共産党会議スターリン批判デミンフォルム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コミンフォルムの関連情報