コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモエ国立公園 コモエこくりつこうえん Komoé National Park

3件 の用語解説(コモエ国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモエ国立公園
コモエこくりつこうえん
Komoé National Park

コートジボアール北東部,コモエ川流域に広がる国立公園。面積約1万 1500km2。 1968年指定。サバナ地帯とコモエ川およびその支流がつくりだす湿地帯からなり,乾季になるとアンテロープ (レイヨウ) ,アフリカゾウサルカバなど多種多様な動物が移動してくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コモエ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【コモエ国立公園】

Parc national de la Comoéコートジボワール北東部、コモエ川流域に広がる西アフリカ最大の国立公園。1968年に制定。アフリカゾウライオンイボイノシシなどが生息する。1983年、世界遺産自然遺産)に登録されたが、ゾウの密猟や大規模な牧畜、公園の管理の欠如などを理由に、2003年に危機遺産リストに登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

コモエこくりつこうえん【コモエ国立公園】

1983年に登録、2003年に登録内容が変更された世界遺産(自然遺産)。コートジボワールの北東部のブナ県、フェルケセドゥグ県にまたがる、西アフリカ最大級の面積(1万1500km2)を有する国立公園である。同公園の自然環境はコモエ川流域の湿地帯や、海抜250~300mの台地に広がるサバナ(草原地帯)や森林地帯からなる。ここには、アフリカゾウ、ライオンヒョウイボイノシシ、ワニ、アンテロープ(レイヨウ)、サル、チンパンジー、カバなどの動物が住み、コウノトリハゲワシなどをはじめ、400種の鳥類が生息する。この公園は昔から象牙を目的とするゾウの狩猟が行われてきたところで、現在狩猟は全面禁止になっているが、密猟者が絶えない。また、この一帯はロビ族の居住地で、大規模な牧畜が野生生物に与える影響も深刻になってきている。こうしたことから、2003年に危機遺産リストに登録された。◇英名はComoé National Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コモエ国立公園の関連キーワードブトリントシミエン国立公園アボメイの王宮群ゴフ島及びインアクセシブル島大チョーラ朝寺院群ダラム城と大聖堂タリン歴史地区〈旧市街〉中央アマゾン保全地域群バムとその文化的景観ローマ帝国の国境線

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コモエ国立公園の関連情報