コレット(John Colet)(読み)これっと(英語表記)John Colet

  • 1466/1467―1519

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの神学者、人文主義者。3年間にわたりフランス、イタリアに滞在、1496年に帰国後オックスフォード大学で講義する。セント・ポール大聖堂の司祭長に任ぜられたのち、1509年セント・ポール学院を創設し、教育の普及に携わりながら北方ルネサンスを推進し、エラスムス、ギヨーム・ビュデ、トマス・モアなどの人文主義者に影響を与えた。彼の哲学はネオプラトニズム(新プラトン主義。プラトン主義を神秘主義的に発展させた哲学体系)に基盤をもつ。また聖職者を鋭く批判し、異端の疑いを受けた。聖書の注釈書やエラスムスへの書簡が彼の思想を伝えている。

[磯見辰典 2015年7月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android