コロジオン(英語表記)collodion

翻訳|collodion

百科事典マイペディアの解説

コロジオン

ニトロセルロースをエーテルに溶解させたもの。淡黄色もしくは無色の粘稠(ねんちゅう)性液体。溶剤が蒸発すると透明な水に不溶の薄膜(半透膜)を残す。きず口被覆剤(水絆創(ばんそう)膏),写真湿板の感光膜,透析膜などに使用。
→関連項目シェーンバインシャルドンネ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

コロジオン【collodion】

窒素量が10.5~12.2パーセントの硝化度の小さい硝酸セルロースを、エタノールとエーテルの混合溶液に溶かした液体。塗布すると溶剤が蒸発して薄い被膜(コロジオン膜)ができるので、傷口の保護や透析膜・写真感光膜などに利用する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロジオン
ころじおん
collodion

ピロキシリンともよばれる硝化度の低いニトロセルロース(窒素含有率11~12%)4グラムを、エタノール(エチルアルコール)25ミリリットル、エーテル75ミリリットルの混合液に溶かして100ミリリットルにした溶液をいう。エーテル臭のある粘性の大きい無色透明または淡黄色液体。この液を塗ると、エーテルとアルコールが蒸発して強力な薄膜が残り、水に溶けないじょうぶな透明膜ができる。これをコロジオン膜という。医薬用として用いられる。可燃性で特殊引火物に指定されており、密封して冷所に保管し、火気や衝撃を避ける必要がある。[谷利陸平]

医薬用

液状包帯として傷ややけどの際などに用いる。皮膚に塗ると、局所をコロジオン膜で器械的に保護するとともに防腐の効力もある。乾燥時の亀裂(きれつ)や剥離(はくり)を防ぐ目的で少量のひまし油(3%)か、さらにカンフル(2%)を加えて弾性コロジオンとして用いることが多く、抜糸時の(しかい)(大きく口を開けること)を防ぐ目的でも使われる。市販品には、同じ目的でセルロイドをアセトンに溶かしたものもある。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

コロジオン

〘名〙 (kollodion) ニトロセルロース(硝酸繊維素)をエタノールとエーテルとの混合溶剤にとかした無色透明または淡黄色の粘りけある液体。これを塗ると溶剤が蒸発して、あとに薄膜が残るので医療用には水絆創膏として傷口の保護に用いたり、写真感光膜、透析用半透膜などに用いたりする。コロディウム
※写真鏡図説(1867‐68)〈柳河春三訳〉初「コロヂヨンを引き銀液に浸したる版を入れて暗箱に挿す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のコロジオンの言及

【湿板写真】より

…ヨウ化銀コロジオン乳剤を使う写真法の一つ。〈しつばん〉ともコロジオン(ニトロセルロースをエーテルに溶解したもの)を乳剤の結合剤とし,これにヨウ化銀微結晶を分散してコロジオン写真乳剤を作る。…

※「コロジオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コロジオンの関連情報