コロンビア高原(読み)コロンビアこうげん(英語表記)Columbia Plateau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロンビア高原
コロンビアこうげん
Columbia Plateau

アメリカ合衆国,ワシントン,オレゴン,アイダホ3州にまたがる高原。ロッキー山系とカスケード山脈にはさまれた半乾燥地帯で,南東コロラド高原とともに西部高地を形成している。高原は黒色溶岩から成り,標高は 500~1500m。スネーク川とその支流が深い峡谷を刻んで流れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コロンビア高原【コロンビアこうげん】

米国,ワシントン州東部一帯にある高原。平均標高1200m。ロッキー山脈とカスケード山脈の間に広がり,コロンビア川の中流域に相当する。乾燥した内陸盆地で,冬小麦と春小麦の栽培が行われる。グランド・クーリー・ダムの完成によって農業水利が改善された。
→関連項目ワシントン[州]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コロンビアこうげん【コロンビア高原 Columbia Plateau】

アメリカ合衆国北西部の広大な溶岩台地。北と東をロッキー山脈,西をカスケード山脈に接し,ワシントン,オレゴン,アイダホの各州にまたがる。面積約52万km2,平均標高1200m。溶岩の厚さは50~150mで,コロンビア川,スネーク川とその支流が深い河谷を形成する。森林に覆われた山地部では林業(おもに松)が盛んであり,低地部では灌漑集約農業がみられるほか,半乾燥地域では小麦栽培が,さらに乾燥した地域では放牧が中心である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロンビア高原
ころんびあこうげん
Columbia Plateau

アメリカ合衆国北西部の高原。ワシントン州、オレゴン州、アイダホ州にまたがって広がる。西側はカスケード山脈、東側はロッキー山脈の支脈であるビタールート山脈に囲まれ、コロンビア川とスネーク川に刻まれる。標高500~1500メートル。新生代第三紀の玄武岩による溶岩台地である。ステップ景観の卓越を呈している。河川に沿う低地では農業が営まれる。[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android