コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロンビア高原 コロンビアこうげんColumbia Plateau

4件 の用語解説(コロンビア高原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロンビア高原
コロンビアこうげん
Columbia Plateau

アメリカ合衆国,ワシントンオレゴンアイダホ3州にまたがる高原。ロッキー山系とカスケード山脈にはさまれた半乾燥地帯で,南東のコロラド高原とともに西部高地を形成している。高原は黒色の溶岩から成り,標高は 500~1500m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コロンビア高原【コロンビアこうげん】

米国,ワシントン州東部一帯にある高原。平均標高1200m。ロッキー山脈とカスケード山脈の間に広がり,コロンビア川の中流域に相当する。乾燥した内陸盆地で,冬小麦と春小麦の栽培が行われる
→関連項目ワシントン[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コロンビアこうげん【コロンビア高原 Columbia Plateau】

アメリカ合衆国北西部の広大な溶岩台地。北と東をロッキー山脈,西をカスケード山脈に接し,ワシントン,オレゴン,アイダホの各州にまたがる。面積約52万km2,平均標高1200m。溶岩の厚さは50~150mで,コロンビア川スネーク川とその支流が深い河谷を形成する。森林に覆われた山地部では林業(おもに松)が盛んであり,低地部では灌漑集約農業がみられるほか,半乾燥地域では小麦栽培が,さらに乾燥した地域では放牧が中心である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロンビア高原
ころんびあこうげん
Columbia Plateau

アメリカ合衆国北西部の高原。ワシントン州、オレゴン州アイダホ州にまたがって広がる。西側はカスケード山脈、東側はロッキー山脈の支脈であるビタールート山脈に囲まれ、コロンビア川とスネーク川に刻まれる。標高500~1500メートル新生代第三紀の玄武岩による溶岩台地である。ステップ景観の卓越を呈している。河川に沿う低地では農業が営まれる。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone