コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールド・チェーン cold chain

4件 の用語解説(コールド・チェーンの意味・用語解説を検索)

ブランド用語集の解説

コールド・チェーン

コールド・チェーンとは、生鮮食料品を産地から消費者まで低温を保ち輸送することによって鮮度を落とさずに届ける、低温流通体系のことをいう。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コールド・チェーン

低温流通体系と訳す。生鮮食料品を産地から消費地まで一貫して冷凍のまま送る体制。生鮮食料品の保存度を高め,価格の安定を図る。19世紀末の冷凍機完成以降発達,オーストラリアの牛肉が低温運搬船でヨーロッパへ,米国では西海岸青果物東海岸へ低温輸送された。
→関連項目冷凍食品

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コールド・チェーン
コールド・チェーン

低温流通機構 (低温流通体系) 。生鮮食料品を冷凍,冷蔵など低温の状態 (生鮮食品の場合0゜~5℃内外,冷凍食品の場合-18℃以下の温度帯) で生産者から消費者のもとに届ける一連の仕組みのこと。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コールド・チェーン
こーるどちぇーん
cold chain

低温流通体系とも訳される。生鮮食料品を生産者から消費者まで、冷凍、冷蔵、低温の状態で一貫して流通させるシステムをいう。生鮮食料品は、その性格から生産状態が安定しないため、価格の変動など、消費者だけでなく生産者にとっても種々問題を内包している。そこで、生鮮食料品を生産地で低温処理し、冷蔵(凍)トラックないし貨車により運搬し、冷蔵(凍)ショーケース、家庭の冷蔵(凍)庫と一貫して流通させることにより、鮮度の維持、価格の安定、衛生状態の確保に大きく寄与することができるようになった。第二次世界大戦アメリカで急速に発展し、日本にも導入されて、流通革命の有力な担い手として普及してきた。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コールド・チェーンの関連キーワード産直生鮮食品コールドチェーン生鮮生鮮食料品保冷車FDC低温物流低温流通低温流通機構

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コールド・チェーンの関連情報