コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールラウシュの法則 Kohlrausch law

法則の辞典の解説

コールラウシュの法則【Kohlrausch law】

(1) 無限希釈電解質溶液においては,溶液中の各イオンは,他のイオンの存在にかかわらず,当量伝導度に対して一定の寄与をする(コールラウシュのイオン独立移動の法則*).

(2) 強電解質の無限希釈溶液の当量伝導度は,濃度の平方根の線形関数で表せる(コールラウシュの平方根則*).

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コールラウシュのほうそく【コールラウシュの法則 Kohlrausch’s law】

F.W.G.コールラウシュが1875年に発見した法則。〈コールラウシュのイオン独立移動の法則〉ともいう。無限希釈溶液中における電解質の当量伝導率Λは,電解質を構成している陽イオンおよび陰イオンの無限希釈状態におけるイオン当量伝導率λ+およびλ-の和に等しい,という法則。無限希釈状態ではイオン間の相互作用を無視できるから,電場下における個々のイオンの移動速度(したがってイオン当量伝導率)は,そのイオン自身の性質(形,大きさ,電荷など)と媒質の性質(温度,圧力,粘度など)とだけで決まるからである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コールラウシュの法則の関連キーワードフレンドリッチ・ウイルヘルム・ジョージ コールラウシュデバイ‐ヒュッケルの理論当量電気伝導率

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android