コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コール市場 こーるしじょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コール市場

コール市場とは、インターバンク市場のひとつで、金融機関相互に短期の貸し付け、借り入れを行なっている市場のことである。「呼べばこたえる」というように、ごく短期で回収できる貸借という意味を込めてコール市場と名づけられている。市場取引は短資会社が仲介している。従来、有担保でなければならない、金利は1%でなければならない、など様々な規制があった。しかし、金融緩和のなかで、段階的にコール市場の自由化が進み、現在では無担保ベースと有担保ベースの2つを金融機関は選択できる。また、貸借期間も当日返却から1年までと自由に設定できる。金利レートも0.001%に変更された。このような自由化の中で、金融機関は資金調達の方法を、日銀からの借り入れからインターバンク市場での調達にシフトし、日銀からの負債額を減らしつつある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コール市場

金融機関が日々の資金繰りを調節するため、手元資金貸し借りする市場。20世紀初頭に生まれ、短期金融市場としては国内最古の歴史を持つ。「呼べばすぐ応える」という意味で「コール」(call)と名付けられた。当日借りて翌日返す「無担保コール翌日物」が代表的取引で、日本銀行政策金利の誘導目標にしており、ゼロ金利解除で0・25%に引き上げた。

(2006-07-27 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

コール市場【コールしじょう】

金融機関が他の金融機関に貸し出すきわめて短期の資金をコールcallといい,これが取引される市場をコール市場という。コールの供給者は銀行,保険会社等,需要者は銀行,短資会社,証券会社等で,資金は手形交換尻(じり)の決済や株式受渡金の調達などに利用される。
→関連項目債務不履行ニューヨーク金融市場

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

外国為替用語集の解説

コール市場

金融機関のごく短期の資金(原則として1ヶ月未満)の貸借を行う市場。銀行を中心とする金融機関が、日々の資金過不足を最終的に調整しあう場。「呼べばこたえる」というところから、「コール」という名がついている。約定日に決済を行う「半日物取引」、約定日に取組み翌営業日に決済を行う「翌日物取引」、取組日・決済日を自由に設定できる「期日(ターム)物取引」がある。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

ワイジェイFX用語集の解説

コール市場

金融機関同士が短期間の資金の貸し借りを行う市場の事を言います。

出典 ワイジェイFX株式会社ワイジェイFX用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コールしじょう【コール市場 call money market】

アメリカのフェデラル・ファンド・マーケット,イギリスのコール・割引市場に相当する。金融機関や証券会社等は日々の営業活動において一時的に資金繰りにゆとりが生じたり,不足に陥ったりするが,こうした短期の資金過不足を相互に,また円滑に融通し合う貸借取引の場を総称して一般に短期金融市場と呼ぶ。コール市場は,伝統的かつ代表的な短期金融市場で,金融機関が相互に支払準備の過不足を調整するため,ごく短期の資金(コールとは〈呼べば戻って来る〉の意)をやりとりする場であって,市場参加者が金融機関を主体に一定範囲に限定されたインターバンクの市場である点で,現先市場譲渡性預金(CD)市場など短期金融市場を形成するオープン市場と基本的に異なる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コールしじょう【コール市場】

コール資金が取引される短期金融市場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コール市場
コールしじょう
call money market

金融機関相互間のごく短期の資金の貸借市場。「呼べば答える」というほど,予告によってただちに回収できる貸借のためにコールという名がついた。資金の貸手側からみれば支払準備金の運用市場であり,借手側からみれば一時的な不足資金の調達場である。手形売買市場とともに短資市場を形成している。金融の繁閑がこの短資市場に最も敏感に反映されるので,金融の動向や景気の動向を判断するうえでの重要な指標となっている。コール資金の返済期限に応じて,半日物,無条件物などがある。また,担保の要不要により有担保コール市場,無担保コール市場に分類される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコール市場の言及

【手形売買市場】より

…略して手形市場ということも多い。金融機関が相互に短期の資金を融通し合う貸借取引の場の一つで,コール市場と並びインターバンクの短期金融市場を形成している。手形割引市場ともいうことがある。…

【マネー・マーケット】より

…前者はほとんどいずれの国においても非常によく発達しており,銀行・金融機関が活発に短期資金を貸借し合っている。 日本でいえば,コール市場,手形市場がこれに該当する。後者のオープン・マネー・マーケットは,国によって発達の程度が大きく異なっている。…

※「コール市場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コール市場の関連キーワード金融政策の操作目標・中間目標・最終目標フェデラル・ファンド市場円の自由化・国際化フェデラルファンドコール(金融用語)コール・ローンビルブローカーコール・レートコールローンゼロ金利政策補完貸付制度公開市場操作FFレート預金準備率DD 取引短期金利金融政策手形市場第2市場地方銀行

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android