コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーンスターチ コーンスターチ corn starch

7件 の用語解説(コーンスターチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーンスターチ
コーンスターチ
corn starch

とうもろこしの穀粒から製造されたデンプンのこと。原料のとうもろこしを亜硫酸を含む水に漬けて吸水させたのち,特別の構造の粉砕機で胚芽をこわさないようにあら砕きする。次いで胚芽を分離してから磨砕し,ふるいとフィルターを使ってデンプンを分離し,脱水,乾燥して製品とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コーンスターチ(cornstarch)

トウモロコシのでんぷん。食品や洗濯のりなどに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コーンスターチ

トウモロコシの穀粉から精製したデンプン。純度が高くきめが細かいので糊(のり)状にした際粘りけに安定性がある。ケーキアイスクリームビスケット,各種調理材料などに広く使用されるほか,繊維,製紙などの糊料としても用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

コーンスターチ

 トウモロコシデンプンともいう.トウモロコシを原料に製造したデンプン.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コーンスターチ【cornstarch】

トウモロコシからつくる純度の高いデンプン。純白無臭で,粒子がこまかくそろっており,吸湿性が低く,糊化(こか)したあとの粘度の変化が少ない。これらの性質を利用して食品の増粘剤,安定剤として,ケーキ,アイスクリーム,ソーススープなどの菓子や料理に用いられ,また,水産練製品ソーセージの製造にも使われる。繊維工業製紙工業などにおける糊料としての利用度も高い。【平野 雄一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コーンスターチ【cornstarch】

トウモロコシから作ったデンプン末。食品・繊維・紙類の糊料として利用する。コンスターチ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーンスターチ
こーんすたーち
corn starch

トウモロコシの穀粒からとったデンプン。トウモロコシを亜硫酸液に浸し、柔らかくなったところで粗挽(あらび)きし、胚芽(はいが)分離機にかけて、デンプン、タンパク質、繊維質の混合物と、胚芽とに分ける。混合物はさらに摩砕し、篩(ふるい)にかけて繊維質を除く。デンプンとタンパク質の混合物は、テーブル(とい)に流すか、遠心分離機でデンプンとタンパク質に分ける。デンプンは、水中に浮遊しているものを沈殿させて集め、脱水したあと乾燥する。これがコーンスターチである。コーンスターチ製造の際の副産物としては、胚芽からコーンオイル、タンパク質からグルテンミール、トウモロコシの浸漬(しんし)液を濃縮したものからコーンスティープリカー、コーンオイルを絞ったかすと原料トウモロコシの皮などからグルテンフィードが得られる。コーンオイルは良質のサラダ油として、コーンスティープリカーは抗生物質製造などの培養液として、グルテンフィード、グルテンミールは飼料に用いられる。コーンスターチは各種デンプンのなかでも純度が高く、純白、無臭である。またデンプン粒子がきわめて細かい。粘度は安定し、粘度が高くないわりに接着力は強いのが特徴である。このような優れた面をもつため、ブラン・マンジェをはじめ製菓、料理用のほか、てんぷら粉、即席カレールウ、ビスケット、シュークリーム、アイスクリーム、かまぼこなどの水産練り製品、魚肉ハムやソーセージ、クリームスープ、野菜缶詰の粘稠(ねんちゅう)剤、さらにビール、水飴(みずあめ)、ブドウ糖など、食品工業用にも広く利用されている。繊維工業、接着剤用、製紙などにも役だっている。[河野友美・大滝 緑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコーンスターチの言及

【デンプン(澱粉)】より

…この工程の特徴は,トウモロコシを亜硫酸水に浸漬した後に,すべての処理を液中で行い,デンプン,タンパク質,胚芽,外皮をそれぞれ純粋な形に分離してゆく点にある。ウェットミリングの主製品はコーンスターチ(トウモロコシデンプン)であるが,副産物としてコーンサラダオイル,醸造用・飼料用タンパク質のグルテンミール,飼料用のグルテンフィード,微生物の培養基に用いるコーンスティープリカーなどが得られる。現在日本で生産されているデンプンの70%以上が,アメリカ,南アフリカから輸入されたコーンスターチである。…

【トウモロコシ(玉蜀黍)】より

…ウィスキーの原料にもする。しかし,現在は主として成熟粒からデンプン(コーンスターチ)を採り出し,かまぼこやソーセージなどの練製品や菓子類など加工食品の原料とし,また,ビールなどの醸造原料にも利用し,糖化して甘味料にもする。コーンスターチは工業原料としての利用も多く,のり(糊)として製紙や織物工業に使われる。…

※「コーンスターチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コーンスターチの関連キーワードトウモロコシ地帯コーンシロップ澱粉種子玉蜀黍色とうもろこしひげ茶もろこし村焼きもろこしトウモロコシデンプンモザイク病(ソルガム・スーダングラス)トウモロコシ (corn, maize)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コーンスターチの関連情報