コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーンベルト コーンベルト Corn Belt

翻訳|Corn Belt

4件 の用語解説(コーンベルトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コーン‐ベルト(Corn Belt)

米国中西部に位置する、トウモロコシの大規模な栽培地域。オハイオ州インディアナ州イリノイ州アイオワ州を中心にその周辺にも広がる広大な地域の称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

コーンベルト

 米国のトウモロコシの主産地で,大陸に帯状に広がる分布をしていることから命名されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーンベルト
コーンベルト

トウモロコシ地帯」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーンベルト
こーんべると
corn belt

アメリカ合衆国中西部のオハイオ州からアイオワ州にかけて広がる、トウモロコシ栽培と家畜(ブタ、肉牛)飼育とを組み合わせた世界最大の混合農業地域。トウモロコシ地帯ともいう。アメリカ原産のトウモロコシの栽培は、植民地時代の初期に中部植民地(大西洋岸)で、ヨーロッパの作物や農法が失敗した後、収量の安定した作物として導入された。コーンベルトの形成過程は、開拓の進展に伴い、まず東側の森林地域(内陸低地)において、商業経済の浸透するなかで、トウモロコシは量がかさばり輸送費が高いことから、付加価値の高い商品(豚肉、牛肉、ウイスキー)へと変換する形で進行した。その後1850年ごろまでに鋼鉄製の犂(すき)、井戸掘り装置、風車、有刺鉄線の普及や鉄道の敷設などが進み、プレーリーの開拓が可能となったことで、コーンベルト方式の混合農業は西側の草原地帯へと拡大し、1900年ごろには現在の範囲に達した。コーンベルトは、肥沃(ひよく)なプレーリー土と褐色森林土が分布し、夏には気温も25℃前後になり、適度な降水量(年800~900ミリメートル)と相まって、トウモロコシの栽培に適しており、大豆(緑肥)、小麦などとの輪作が行われている。収穫されたトウモロコシはブタ・肉牛などの飼料にするほか、バイオエタノールの原料に利用したり、穀物メジャー(穀物の国際的な流通を支配する巨大な多国籍穀物商社)を通して食用・飼料用に輸出している。しかし輸入国のなかには、コーンベルトなどで栽培されている遺伝子組換えトウモロコシ(2008年は80%を占める)に対する不安の声も強い。なお、アメリカでは農業経営の専門化が進み、飼料作物農場と畜産農場とへの分化が顕在化しており、ブタの飼育は現在も盛んであるが、肉牛の肥育はコーンベルトからグレート・プレーンズ(大平原)へと移動している。また、コーンベルトの農業は高度に機械化、企業化され、生産性もきわめて高いが、アグリビジネス企業への従属傾向が強まっている。[井村博宣]
『矢ケ崎典隆著『食と農のアメリカ地誌』(2010・東京学芸大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーンベルトの関連キーワードトウモロコシ地帯砂糖蜀黍玉蜀黍色とうもろこしひげ茶もろこし村焼きもろこしトウモロコシ粉モザイク病(ソルガム・スーダングラス)コーン・ベルトタマーレス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コーンベルトの関連情報