コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴマシジミ ゴマシジミMaculinea teleius

3件 の用語解説(ゴマシジミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴマシジミ
ゴマシジミ
Maculinea teleius

鱗翅目シジミチョウ科のチョウ。前翅長 22mm内外。翅表は黒褐色で,前後翅ともに外縁部を除き青藍色を帯びることが多いが,その広さは変異が著しい。裏面は褐色ないし灰白色地に黒色小斑があるが,変異が多く,地色が濃色のものは黒色斑の周囲が淡色になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴマシジミ【Maculinea teleius】

鱗翅目シジミチョウ科の昆虫(イラスト)。やや大型のシジミチョウで,開張2.6~5cm。裏面に多数の黒色の斑紋が散在するのでこの名がある。幼虫時代の食物が植物質から動物質に変わることでよく知られる。ヨーロッパから中国北部を経て日本にまで分布する。日本では北海道,本州,九州に見られ,大きさや色彩にさまざまな地理的変異を示す。北海道産のものは小型。本州中部には翅の表面のほとんど全体が暗褐色となった型も見られるが,その他の地域では青色部の発達した個体が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴマシジミ
ごましじみ / 胡麻小灰蝶
scare large blue
[学]Maculinea teleius

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。日本では、北海道、本州、九州に分布、四国には産しない。本州では山間の草地に発生し、その分布は局部的、九州では阿蘇(あそ)山や九重(くじゅう)山の中部山岳地帯および由布(ゆふ)岳一帯の火山性草原に産する。外国ではヨーロッパより東アジアの北部にわたりユーラシア大陸の北部に広く分布する。シジミチョウ科ヒメシジミ亜科の種としては大形で、はねの開張は40ミリメートル内外。はねの表面は全面黒褐色を呈するものから、いろいろな程度に青色鱗を現すものまで変化が多い。裏面は灰白色ないし灰褐色で、ゴマ状の黒点を散布する。年1回の発生で、7~9月に出現する。その生活史はきわめて特異で、母チョウはワレモコウ類の花穂に産卵、幼虫は4齢まで実を食べて育つが、4齢になると地上に降り、クシケアリに運ばれてその巣に入り、巣の中でアリの幼虫や卵を食べて育つ。越冬態は幼虫である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のゴマシジミの言及

【チョウ(蝶)】より

… ところが成長してアリからの餌を多く必要とすると,アリに運ばれて巣の中で蛹化(ようか)し羽化するまで過ごす。しかしこの段階はあくまで分泌物の授受であるが,ゴマシジミの幼虫の場合はじかに巣の中のアリの幼虫を捕食して成長する。この第3段階に至ると,アリにとってシジミチョウの幼虫が天敵としての性格をもったというべきである。…

※「ゴマシジミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴマシジミの関連情報