コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴメリ

3件 の用語解説(ゴメリの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ゴメリ

ベラルーシの都市。ホメルHomelとも。ソジ川に面し,鉄道の要地。機械(工作機械採炭機械農業機械),織物,ガラスなどの工業が行われる。創建は12世紀。リトアニアポーランドに属して後,1772年からロシア領。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゴメリ【Gomel’】

ベラルーシ共和国南東部,同名州の州都。人口50万3300(1991)。ロシア連邦ウクライナに隣接し,ドニエプル川支流のソジ川に臨み,河港がある。付近から旧石器時代の遺跡が発見されているが,この地名が知られるようになったのは12世紀からである。一時期リトアニア,ポーランドに属したが,1772年からロシア領となる。古くからユダヤ人が多数居住し,商工業都市として栄えた。現在は機械・金属工業,木材加工業が盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴメリ
ごめり
Гомель Gomel'

ベラルーシ(白ロシア)共和国ゴメリ州の州都。人口50万5300(1998)。市街はドニエプル川の支流ソージ川右岸に発達する。12世紀中葉以来の古い都市で、5本の鉄道の分岐点であり、幹線道路と河港をもつ交通上の要衝。ゴメリは1142年にゴミーГомий/Gomiyの名で記録に現れたが、1335年にリトアニア、1569年にポーランド、1772年にロシアの一部となった。ロシア革命(1917)の前までは、ユダヤ人移住者の多い商業都市で、工業にみるべきものはなかった。現在は重工業、とくに機械・金属(農業機械、鉱山機械など)、化学工業が発達し、食品加工業、林産加工業もあり、工業都市となった。1941~43年にはドイツ軍に占領された。[山本 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴメリの関連キーワードサラトフチタペルミリエージュルブンバシイングーシ共和国カタンガシャバジョージアベラルーシ・ウクライナ福島調査団

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴメリの関連情報