コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴメリ

百科事典マイペディアの解説

ゴメリ

ベラルーシの都市。ホメルHomelとも。ソジ川に面し,鉄道の要地。機械(工作機械,採炭機械,農業機械),織物,ガラスなどの工業が行われる。創建は12世紀。リトアニアポーランドに属して後,1772年からロシア領。古くからユダヤ人が居住,商工業都市として栄えた。51万2314人(2014)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴメリ【Gomel’】

ベラルーシ共和国南東部,同名州の州都。人口50万3300(1991)。ロシア連邦ウクライナに隣接し,ドニエプル川支流のソジ川に臨み,河港がある。付近から旧石器時代の遺跡が発見されているが,この地名が知られるようになったのは12世紀からである。一時期リトアニア,ポーランドに属したが,1772年からロシア領となる。古くからユダヤ人が多数居住し,商工業都市として栄えた。現在は機械・金属工業,木材加工業が盛んである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴメリ
ごめり
Гомель Gomel'

ベラルーシ(白ロシア)共和国ゴメリ州の州都。人口50万5300(1998)。市街はドニエプル川の支流ソージ川右岸に発達する。12世紀中葉以来の古い都市で、5本の鉄道の分岐点であり、幹線道路と河港をもつ交通上の要衝。ゴメリは1142年にゴミーГомий/Gomiyの名で記録に現れたが、1335年にリトアニア、1569年にポーランド、1772年にロシアの一部となった。ロシア革命(1917)の前までは、ユダヤ人移住者の多い商業都市で、工業にみるべきものはなかった。現在は重工業、とくに機械・金属(農業機械、鉱山機械など)、化学工業が発達し、食品加工業、林産加工業もあり、工業都市となった。1941~43年にはドイツ軍に占領された。[山本 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴメリの関連キーワードキャベンディッシュインクレディブル・ジャズ・ギターア・デイ・イン・ザ・ライフL.M.モンゴメリーの生家グリーンゲイブルズ郵便局チェルノブイリ・ハートノルマンディー上陸作戦モントゴメリー(人名)フォー・オン・シックスモンゴメリー(地名)ウェス・モンゴメリーエル・アラメインの戦プリンスエドワード島モンク モンゴメリーモンゴメリー夫人の墓キャベンディッシュポール ハンフリーラバル(カナダ)ドニエプル[川]アボンリーヘの道

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴメリの関連情報