コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーガルテン ゴーガルテンGogarten, Friedrich

4件 の用語解説(ゴーガルテンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーガルテン
ゴーガルテン
Gogarten, Friedrich

[生]1887.1.13. ドルトムント
[没]1967.10.16. ゲッティンゲン
ドイツプロテスタント神学者。弁証法神学の代表者の一人。ブレスラウ,ゲッティンゲン各大学の組織神学教授を歴任。実存主義的傾向が強く神学的人間学を主張。ルターの教理を発展させ世俗化の神学を唱える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ゴーガルテン

ドイツのプロテスタント神学者。バルトとともに弁証法的神学の立場をとったが,のち離反して親ナチスの〈ドイツ・キリスト者〉運動に加わった。ハイデッガーの影響を受け,実在主義的神学を提唱,著作は《非神話化論と教会》(1953年)ほか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴーガルテン【Friedrich Gogarten】

1887‐1967
ドイツのプロテスタント神学者。牧師を経て,ブレスラウ,後にゲッティンゲン大学の組織神学教授。弁証法神学者として出発したが,のち離れ,一時〈ドイツ・キリスト者〉の運動に加わった。哲学と折衝しつつ神学を形成する点に特徴があり,その師トレルチドイツ観念論を批判し,グリーゼバハE.Grisebachやハイデッガーの影響を受け,実存主義的神学を展開した。また信仰義認論から世俗化の肯定を引き出した。【近藤 勝彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴーガルテン
ごーがるてん
Friedrich Gogarten
(1887―1967)

ドイツのルター派神学者。1月13日ドルトムントに生まれる。1931年ブレスラウ大学教授、35年以後ゲッティンゲン大学教授。青年時代に自由主義神学を批判して、弁証法神学の新運動「危機神学」に参加し、指導者の一人として活躍したが、のち方法論の相違のため運動から離れた。ナチスのドイツ・キリスト者運動に初め同調したが、すぐにその欺瞞(ぎまん)に気づき、以後は教壇からナチスを批判し続けた。人格神信仰に基づいて、ルター派伝統の「律法と福音(ふくいん)」の方法によって、現代世界のなかで福音を具体的に語ることを強調した。戦後はハイデッガーに関心をもち、世俗と真の福音信仰との両立関係を求めた。67年10月16日ゲッティンゲンにて没。[森田雄三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のゴーガルテンの言及

【弁証法神学】より

…その後A.vonハルナックとも争って,漠然とイエスの宗教に帰ることではなくて聖書の啓示概念から出発すべきことを説いた。F.ゴーガルテンはこれに共鳴して《我は三一の神を信ず》(1926)を著し,E.ブルンナーは《神秘主義と言葉》(1924)を著した。さらにE.トゥルナイゼンやメルツG.Merz(1892‐1959)も加わって,1922年に雑誌《時の間》を刊行した。…

※「ゴーガルテン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴーガルテンの関連キーワード東京芸術大学120周年雑誌カッペレッティグラネライト脱ガラス化ガラス作用ゾブテンベルク岩玻璃玄武岩卸売物価指数改良服国民之友保安条例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone