コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイケデリック psychedelic

翻訳|psychedelic

デジタル大辞泉の解説

サイケデリック(psychedelic)

[形動]LSDなどの幻覚剤によって生じる幻覚や陶酔状態を想起させるさま。1960年代後半、そのような、原色を駆使した美術やロック音楽が流行した。サイケ。「サイケデリックファッション

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

サイケデリック

LSDなどの服用によって幻覚状態にあること。その際に経験する幻覚と同様な,原色的で刺激の強い絵画,音響などもさす。これは1965年ごろから1970年ごろに感覚的陶酔を求める若者の間で盛んになった。
→関連項目ドアーズピンク・フロイドマックス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サイケデリック【psychedelic】

幻覚剤(おもにLSD)を服用した精神状態。一般に〈サイケ〉と呼ばれる。ギリシア語のpsychē(精神,魂)とdēlos(目にみえる,明らかな)または英語のdelicious(美味な)の合成語とされる。1960年代前半にアメリカにおいてT.リアリーやK.キージーがLSDによる意識変革を提唱したのをうけて,65年ころサンフランシスコ,ロサンゼルスなどで幻覚剤による酩酊状態の中で行うロック演奏が盛んに試みられるようになり,それをサイケデリック・ロックと呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

サイケデリック【psychedelic】

( 形動 )
LSD などの幻覚剤によって起こる幻覚や心理的恍惚こうこつ状態に似たさま。サイケ。 「 -なポスター」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイケデリック
さいけでりっく
psychedelic

語源的には心を明らかに表すという意味。1943年スイスの化学者ホフマンAlbert Hofmann(1906―2008)が偶然に発見したLSDという薬品は統合失調症(精神分裂病)の幻覚と類似の幻覚体験をもたらしたので、あたかもこれが人間の無意識を表しているかのように考えられたことから、こうした人工的につくられた幻覚が無意識的な心を表しているという意味でサイケデリックという。この種の幻覚を誘発するものは、このほかに大麻(たいま)、メスカリンなどがある。これらの薬物は、いずれも知覚、認識に影響を与えるもので、心の深層を現すものであるかのようにみなされている。
 なお、LSD、メスカリンといった薬物によっておこされる幻覚に関連のある芸術のことを、1960年代にはサイケデリック・アートpsychedelic artと総称するようになり、一時アメリカで流行した。しかしその後は、電子技術を使ってつくられる光・音などによって創作されるグラフィック、音響効果のことをさすようになった。従来の絵画は視覚的で静止しているが、サイケデリック絵画といわれるときは、運動的・聴覚的効果をも包括している。[外林大作・川幡政道]
『レスター・グリンスプーン、ジェームズ・B・バカラー著、杵渕幸子・妙木浩之訳『サイケデリック・ドラッグ――向精神物質の科学と文化』(2000・工作舎)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サイケデリックの関連キーワードウエスト・コースト・ミュージック[west coast music]サイケデリック・ロック[psychedelic rock]ロバート・アントン ウィルソンニューシックスティーズ・ルックイッツ・オール・トゥ・マッチクリーム(ロック・グループ)スピリット・イン・ザ・スカイピース・オブ・マイ・ハートトゥモロー・ネバー・ノウズタイム・トゥ・プリテンドサイケデリック・ロック[psychedelic rock]サイケデリック・アートエコロジカル・アートジミ ヘンドリックスクリスピアン ミルズアシュ・ラ・テンペルハートに火をつけてメイヨ トンプソンホワイト・ラビットサンシャイン・ラブ

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サイケデリックの関連情報