コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイトメガロウイルス サイトメガロウイルスcytomegalovirus

翻訳|cytomegalovirus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイトメガロウイルス
cytomegalovirus

ヘルペスウイルスの一種。臓器移植を受けた患者が感染すると,肝炎や肺炎を起こし,重態に陥ることがしばしばある。また,妊娠中に感染すると,黄疸 (おうだん) や血小板減少症,小頭症などの先天性異常の子供が生まれやすい。 FDA (米食品医薬品局) が,このウイルスの予防薬として「サイトメガロウイルス免疫グロブリン注射液」を 90年4月認可した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サイトメガロウイルス

ヘルペスウイルスの一種。尿や唾液(だえき)、精液、母乳などを介してうつる。多くは幼児期に感染するが、通常一生症状はでない。妊婦になって初感染したり、ウイルスが再活性化したりした場合、胎盤を通して胎児に感染する。新生児低出生体重、難聴などの症状が出る場合がある。

(2010-11-02 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サイトメガロウイルス(cytomegalovirus)

ヘルペスウイルスの一種。妊婦が感染すると、新生児に黄疸(おうだん)などの先天性異常を起こす。後天的な感染では症状の現れないことが多いが、臓器移植の際などの免疫不全状態になると増殖し、肺炎・肝炎などを引き起こす。唾液腺(だえきせん)ウイルス。CMV

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

サイトメガロウイルス

ヘルペスウイルス群に属するウイルス。後天的感染では一般に不顕性感染だが,妊婦が感染すると,児に重症黄疸血小板減少症,小頭症などが起こる。
→関連項目伝染性単核症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

サイトメガロウイルス【cytomegalovirus】

ヘルペスウイルス科のウイルス。出生直後に感染することが多く、一度感染すると生涯にわたって潜状し、癌がんなどで免疫不全になったとき病状として現れることが多い。妊娠中に胎児が母親から感染すると奇形を生ずる代表的なウイルス。唾液腺だえきせんウイルス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイトメガロウイルス
さいとめがろういるす
cytomegalovirus

ヘルペスウイルス科に属するウイルスの一つ。感染細胞が巨大になることから接頭辞メガロがつけられている。唾液腺(だえきせん)から検出されることが多いため、唾液腺ウイルスともよばれる。CMVあるいはHCMV(human cytomegalovirus、ヒトサイトメガロウイルス)と略称される。これに感染することにより引き起こされるのがサイトメガロウイルス感染症で、巨細胞封入体症ともいう。ヒトへの感染は、乳幼児期に母親から経産道的にもしくは母乳から垂直感染するか、周囲からあるいは移植や輸血によって水平感染し、学童期までには多くの人が感染する。症状が現れない不顕性感染が多く、さまざまな臓器に潜伏感染したまま経過する。問題となるのは妊婦が初感染した場合で、胎児死亡のほか新生児に黄疸(おうだん)や先天奇形、発達遅滞、視力障害、聴力障害などを引き起こす。また、臓器移植患者が免疫抑制療法中に免疫不全状態に陥ると感染ウイルスが増殖し、間質性肺炎や肝炎を引き起こすことがある。エイズ(後天性免疫不全症候群)患者のように免疫力が極度に低下している場合も、重篤な症状を伴うことがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サイトメガロウイルスの関連情報