コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小頭症 しょうとうしょう microcephaly

翻訳|microcephaly

7件 の用語解説(小頭症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小頭症
しょうとうしょう
microcephaly

頭蓋骨の縫合が早期に完成するために頭が極端に小さいものと,脳の発育が悪いために脳体積が小さく,頭蓋腔の容積も拡大しないものの二つがある。知能の発達遅滞が顕著である。前者は頭蓋骨癒合症の治療に準じるが,後者には有効な治療法がないことが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうとう‐しょう〔セウトウシヤウ〕【小頭症】

遺伝的要因や染色体異常、子宮内感染など何らかの原因で脳の成長が阻害され、頭蓋が正常な大きさに達しない病態。→狭頭症(きょうとうしょう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小頭症【しょうとうしょう】

頭が内容とともに全体として小さいもので,標準偏差の2倍以上小さい場合をいい,運動発達遅滞や知能低下が随伴する。原因は胎内ウイルス感染,染色体異常,先天性脳奇形,乳児期脳疾患の後遺症などによる脳の本質的形成不全と考えられ,治療困難。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうとうしょう【小頭症 microcephalus】

脳の発育が悪く,頭が異常に小さい状態。脳の大きさを測ることは困難なので,頭囲(頭の周囲)を巻尺で測る(頭囲の標準値は,出生時約33cm,12ヵ月約43cm,成人約53cm)。頭蓋骨早期融合のため生ずる狭頭症(頭蓋が大きくならないために頭が小さい)とは通常区別されている。脳の発育障害の原因としては,遺伝性小頭症(真性小頭症)のほかに胎内感染(たとえば風疹やサイトメガロウイルスの感染),重症仮死などの周産期障害,頭蓋内出血中枢神経感染症などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうとうしょう【小頭症】

頭蓋が異常に小さい状態。先天的な脳の発育不全,出生時障害などによる。知能・運動障害を伴うことが多い。 → 狭頭症

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

小頭症

脳の発育不全により、頭蓋や大脳半球が極端に小さい状態。多くの場合、知能や運動機能に障害が生じる。遺伝性疾患の他、母体のウイルス感染による胎内感染、胎児期の放射線被曝、周産期の低酸素症や頭蓋内出血、新生児期の中枢神経感染症などが原因とされる。有効な治療法はなく、対症療法が中心となる。

(2016-1-25)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小頭症
しょうとうしょう

乳幼児期から学童前期ころまでの間に脳は急速に発育し、これに伴い頭囲も拡大してくるが、なんらかの原因で脳の発育が遅延または停止して頭蓋(とうがい)も拡大せず、頭囲が小さい場合をいう。厳密には、各年齢ごとの平均頭囲値から標準偏差の3倍を引いた値より小さいとき、小頭症とよぶ。原因は、胎生期の感染症や妊娠中毒症、鉗子分娩(かんしぶんべん)などの出産に伴う外傷や遷延性仮死状態、出生後の脳炎や重症頭部外傷など、さまざまである。症状は、頭囲が小さいばかりでなく、基礎となる脳損傷の程度に応じて知能発育遅延、けいれん発作などがみられる。
 なお、外見上頭が小さい場合には狭頭症といって病態のまったく異なる疾患があるので、注意を要する。[加川瑞夫・山本昌昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小頭症の言及

【奇形】より

… ヒトの奇形は遺伝的要因と環境要因によってもたらされる。前者には常染色体性優性遺伝(合指症など),常染色体性劣性遺伝(小頭症など),伴性劣性遺伝による奇形や,染色体異常(クラインフェルター症候群など)による奇形がある。一方,後者によるものも多数存在し,化学物質,放射線,感染など,さまざまな化学的・物理的・生物的因子が奇形を誘発する。…

※「小頭症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小頭症の関連キーワード神経管閉鎖障害小人症蕞爾胃液分泌異常高アンモニア血症高尿酸血高マグネシウム血高リシン血症鉄欠乏巨頭症と巨脳症のちがい

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小頭症の関連情報