サイド・ドラム(読み)サイドドラム

百科事典マイペディアの解説

サイド・ドラム

打楽器の一種。行進などの際に肩からつって演奏することからの命名で,スネア・ドラムsnare drum,小太鼓ともいう。吹奏楽,ジャズ,管弦楽などで用いられ,横にねかせてたたく。スネア(金属の線)が10本ほど下側に張られ,これを皮面に触れるようにして奏すると,ざらついた音になる。桴(ばち)は木製で細長い。ラベルの管弦楽曲《ボレロ》やバルトークの《2台のピアノと打楽器のためのソナタ》など,20世紀の音楽作品に印象深い用例が多い。→シンバルドラム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のサイド・ドラムの言及

【太鼓】より

…ただし,〈太鼓〉という言葉が指す楽器は,それを用いる種目ごとに,その特定のもののみを狭義にいう場合もあり,たとえば能においては猿楽太鼓(さるがくだいこ)ともいわれる締太鼓(しめだいこ)のことを,単に〈太鼓〉という。また,洋楽器のドラム類の訳語として〈太鼓〉の語を用い,バス・ドラム,ゴング・ドラムなどを〈大太鼓(おおだいこ)〉,サイド・ドラム,スネア・ドラム類を〈小太鼓(こだいこ)〉と称することもある。特殊な用例としては,幇間(ほうかん∥たいこもち)の別称として用いられたりするが,その語源は,定めがたい。…

※「サイド・ドラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android