コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウスオークニー諸島 サウスオークニーしょとうSouth Orkney Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウスオークニー諸島
サウスオークニーしょとう
South Orkney Islands

南極大陸,南極半島の北東沖にある島群。南大西洋,スコシア海ウェッデル海の間に位置。面積 622km2。コロネーション島,ローリー島など4つの島から成る。イギリスアルゼンチン領有権を主張し,それぞれ観測基地をおいている。定住者はいない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サウスオークニー‐しょとう〔‐シヨタウ〕【サウスオークニー諸島】

South Orkney Islands》南極大陸の南極半島の北東方にある諸島。南緯60度20~50分、西経44度20分~46度45分に位置する。主島コロネーション島をはじめ、ローリー島、パウエル島、シゲニー島などで構成される。1821年、米国のナサニエル=パーマーと英国のジョージ=パウエルの共同調査によって発見された。英国とアルゼンチンが領有を主張しているが、南極条約により凍結。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サウスオークニー諸島の関連キーワード南極大陸南極

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android