コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サスカトゥーン サスカトゥーン Saskatoon

翻訳|Saskatoon

4件 の用語解説(サスカトゥーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サスカトゥーン
サスカトゥーン
Saskatoon

カナダ,サスカチュワン州南西部の都市。南サスカチュワン川河畔にある。 1883年禁酒主義者たちの植民地の首府として建設され,地名はこの地方の食用イチゴをさすクリーインディアンの言葉「ミサスカトゥーミナ」にちなむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サスカトゥーン

カナダ,サスカチュワン州中部の都市。カナダ・プレーリーの農畜産物の集散地で,製粉工業が行われる。交通の要地。サスカチュワン大学(1907年創立)がある。22万2189人(2011)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サスカトゥーン【Saskatoon】

カナダ,サスカチェワン州中南部の商工業都市。人口18万6058(1991)。州都レジャイナと並ぶ州の中心都市。サウス・サスカチェワン河岸に位置し,1883年オンタリオからの移住者が建設,90年にはカナダ・パシフィック鉄道が開通,交通の要衝として発達した。1906年市制施行。小麦,牧畜を主とする農業地帯の中心で,特に製粉業で知られる。07年設立のサスカチェワン大学の所在地でもある。82年バンクーバーとの間の鉄道旅客輸送が廃止されたが,道路・航空交通の要点として重要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サスカトゥーン
さすかとぅーん
Saskatoon

カナダ、サスカチェワン州中南部の都市。人口19万6811(2001)。リジャイナの北西240キロメートル、サウス・サスカチェワン川に臨み、同州居住地域のほぼ中心部に位置している。カナダ太平洋鉄道およびカナダ国有鉄道が通過し、鉄道分岐駅である。春小麦地帯の中心地で、広大な後背地をもち、穀物、畜産物の集散地として重要なほか、製粉業、食品、皮革製造、化学工業も盛ん。精油、セメント、カリ塩精製の大規模工場もある。1883年禁酒主義者の首都として建設された。1906年に市制施行。07年創立のサスカチェワン大学、カーネギー図書館があり、同州の教育・文化の中心でもある。市の名称は、この地方に生育する赤い野イチゴのインディアン名に由来している。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サスカトゥーンの関連キーワードリジャイナサスカチュワンアサバスカ[湖]サスカチェワン[川]サスカチェワン[州]ウラニウム・シティネルソン[川]ムース・ジョーサウス・サスカチェワン[川]ノース・サスカチェワン[川]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サスカトゥーンの関連情報