コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハマ山 サハマさんNevado Sajama

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サハマ山
サハマさん
Nevado Sajama

ボリビア西部にある山。アンデスの西部山脈に属する火山で,ラパスの南南西約 200km,チリとの国境近くに位置する。標高 6520m。山頂万年雪におおわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

サハマさん【サハマ山】

〔Sajama〕 ボリビア西部、チリ国境近くに位置するアンデス山脈の高峰。海抜6520メートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サハマ山
さはまさん
Nevado de Sajama

南アメリカ、ボリビア西部のアンデス山脈にある山。標高6542メートル、ボリビア第一の高峰である。標高4000メートル前後に広がるアルティプラノ高原の西のへりにそびえる。安山岩よりなる成層火山であるが、歴史時代に噴火した記録はなく、山体の侵食がやや進んでいる。山頂部には氷河が発達しているが、年降水量200ミリメートル前後の乾燥地域に位置するため雪線高度は高く、約6000メートルである。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android