コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハマ山 サハマさん Nevado Sajama

4件 の用語解説(サハマ山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サハマ山
サハマさん
Nevado Sajama

ボリビア西部にある山。アンデスの西部山脈に属する火山で,ラパス南南西約 200km,チリとの国境近くに位置する。標高 6520m。山頂は万年雪におおわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サハマ‐さん【サハマ山】

Sajama》南アメリカ、コルディエラオクシデンタル山脈にある山。ボリビア最高峰で標高6520メートル。形の整った成層火山で、山麓を深いU字谷が刻む。アイマラ族が多く居住し、周辺一帯を含め、サハマ国立公園に指定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サハマさん【サハマ山】

〔Sajama〕 ボリビア西部、チリ国境近くに位置するアンデス山脈の高峰。海抜6520メートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サハマ山
さはまさん
Nevado de Sajama

南アメリカ、ボリビア西部のアンデス山脈にある山。標高6542メートル、ボリビア第一の高峰である。標高4000メートル前後に広がるアルティプラノ高原の西のへりにそびえる。安山岩よりなる成層火山であるが、歴史時代に噴火した記録はなく、山体の侵食がやや進んでいる。山頂部には氷河が発達しているが、年降水量200ミリメートル前後の乾燥地域に位置するため雪線高度は高く、約6000メートルである。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サハマ山の関連キーワードサアディーサウード‘Abd Allāh b.sa‘dAḥmad b.Sa‘īd al-Bū Sa‘īdBādiya al-RaṣāfaBraj BhāṣāJa‘far al-ṢādiqSa‘ūd b.‘Abd al-‘Azīzsaṃnyāsa《Masālik al-abṣār fī mamālik al-amṣār》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone