サブスクリプション(英語表記)subscription

翻訳|subscription

大辞林 第三版の解説

サブスクリプション【subscription】

製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、代金を支払う方式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵の解説

サブスクリプション

消費者が財やサービスを購入するに当たって、具体物としての財の数やサービスの量、回数ではなく、それらを一定期間利用したり享受したりする権限の提供を受け、その資格を期間中保持することに対して対価を支払う契約のこと。元々は雑誌などの定期購読や予約代金などを意味するが、コンピューターソフトの年間契約使用料や音楽配信サービスの定額利用料などの支払いに関する契約に広くとり入れられ始めた。日本では主に後者の契約形態や支払い方式の呼称として用いられている。
コンピューターソフトや音楽・映像ソフトなどは、従来それらが収録されたCDやDVDなどの記録媒体を消費者が購入、所有して随時利用するという契約や商取引が一般的だった。しかし、消費者が求めているのは媒体ではなく、当然にそこに記録された「情報」である。インターネットの普及や高速大容量化などにより、これらの「情報」は物理的な媒体を介することなく頒布することが容易になった。また、消費者も、日常的な利用に当たって、CDやDVDなどによらず情報端末の記憶装置に複写・記録した「情報」を使うことが一般的になっている。また、代金の授受についてもネット決済などの手段が充実してきている。こうしたことから、サブスクリプション方式は電子情報の利用やサービスについてのビジネスモデルとして着目され普及してきた。
IllustratorやPhotoshop、InDesignなど、画像やDTPについてのコンピューターソフトの有力メーカーであるアドビシステムズは、2012年にこれらのソフトの販売をサブスクリプション方式に変更し、翌年にはDVDなどに記録したパッケージソフトの販売を中止した。同社のソフトはプロも使用する専門性を帯びた高機能なもので、パッケージソフトとして期間を定めず販売する場合は比較的高価なものだった。このため、市場占有率は高いものの、販売額は伸び悩みの傾向にあった。このような中、従来の実体を持った物を売るプロダクト販売型から、販売方式をサブスクリプション型に転換したことで、同社の収益は大きく向上した。サブスクリプション型の月額、年額等の期間を定めた使用料金は、従来のプロダクト販売型の一括払い代金よりも安価に設定できる。導入時の初期費用が抑制できるので、これまで購入をためらっていたアマチュアの消費者なども気軽に利用できる。提供者は流通費用を削減しながら顧客層を拡大でき、継続的な収益が安定して見込めるし、ソフトウエアのバージョンアップに際しても顧客を逃がすことなく囲い込める。利用者から見れば、バージョンアップのたびに別段の費用の支払いを要さず、必要な期間や利用する端末の台数が変動しても柔軟に対応できる。提供者、利用者が直接に結び付くことで、サービスの質の向上も見込まれる。
こうした利点が注目されると共に、消費における「所有から利用へ」といった流れも相まって、電子情報に限らず、自動車、洋服などのレンタルや、一部制限があるものの飲食や化粧品などにもサブスクリプション型の採用が広がっている。なお、一定の期間中について「使い放題」というようなニュアンスを含むためか、習いごとの月謝や諸会費、食品の定期購入など、旧来から存在する定期的に定額を支払う継続購入については、日本ではサブスクリプション型として扱わない場合がある。いずれの場合も、契約が終了すると利用ができなくなり、期間満了後の契約更新時に値上げが行われたり、期間中にもかかわらず提供者の都合によりサービスが停止に追い込まれたりといったリスクも抱えている。

(金谷俊秀 ライター/2019年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サブスクリプションの関連情報