サマリンダ(英語表記)Samarinda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマリンダ
Samarinda

インドネシア,ボルネオ島カリマンタン東部,カリマンタンティムール州州都マハカム川デルタの扇頂に位置する河港都市。木材を中心に,籐,爬虫類の皮,ゴムなどを輸出する。南方に油田が広がり,パイプラインバリクパパンに送られる。ムラワルマン大学がある。人口 26万 4718 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サマリンダ【Samarinda】

インドネシア,ボルネオ島東岸のマカッサル海峡にのぞむ港市。人口33万5000(1990)。マハカム河口のデルタ上に位置し,市街は幅700mのマハカム川両岸に広がる。東カリマンタン州の州都。古くからブギス族,バンジャル人,中国人などが移住して,奥地物資の集散やジャワ,シンガポール方面との交易に従った。近年は付近の石油,石炭の産出も加わり繁栄している。マタラム大学も開設された。【別技 篤彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サマリンダ
さまりんだ
Samarinda

インドネシア、ボルネオ島東岸のマカッサル海峡に臨む港湾都市。東カリマンタン州の州都。人口33万5016(1990)。マハカム川河口のデルタ上に位置し、河口から約19キロメートルさかのぼった所にある。航行には数本の水路があるが、普通はムアラ・バヨール川による。長さ120メートル、喫水6メートルまでの大型船が寄港できる。奥地の林産物の集散地として古くからジャワ、シンガポール方面との交易が行われたが、20世紀初頭以来、付近の石油と石炭の開発に伴い急速に発展した。住民には多数の華僑(かきょう)やマレー人が含まれる。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android