コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマリンダ サマリンダ Samarinda

4件 の用語解説(サマリンダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマリンダ
サマリンダ
Samarinda

インドネシア,ボルネオ島カリマンタン東部,カリマンタンティムール州の州都。マハカム川デルタの扇頂に位置する河港都市。木材を中心に,籐,爬虫類の皮,ゴムなどを輸出する。南方に油田が広がり,パイプラインバリクパパンに送られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サマリンダ(Samarinda)

インドネシア中部、カリマンタン島ボルネオ島)東岸の港湾都市。東カリマンタン州の州都。マハカム川下流デルタに位置する。古くから木材の積出港として知られ、内陸部の油田・炭田の開発に伴い発展。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サマリンダ【Samarinda】

インドネシア,ボルネオ島東岸のマカッサル海峡にのぞむ港市。人口33万5000(1990)。マハカム河口のデルタ上に位置し,市街は幅700mのマハカム川両岸に広がる。東カリマンタン州の州都。古くからブギス族,バンジャル人,中国人などが移住して,奥地物資の集散やジャワ,シンガポール方面との交易に従った。近年は付近の石油,石炭の産出も加わり繁栄している。マタラム大学も開設された。【別技 篤彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サマリンダ
さまりんだ
Samarinda

インドネシア、ボルネオ島東岸のマカッサル海峡に臨む港湾都市。東カリマンタン州の州都。人口33万5016(1990)。マハカム川河口のデルタ上に位置し、河口から約19キロメートルさかのぼった所にある。航行には数本の水路があるが、普通はムアラ・バヨール川による。長さ120メートル、喫水6メートルまでの大型船が寄港できる。奥地の林産物の集散地として古くからジャワ、シンガポール方面との交易が行われたが、20世紀初頭以来、付近の石油と石炭の開発に伴い急速に発展した。住民には多数の華僑(かきょう)やマレー人が含まれる。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サマリンダの関連キーワードインドネシア語派タラカン島バンカ島ボルネオ島マカッサルマカッサル海峡ボルネオ象クンバン島スバティック島ラヤ山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サマリンダの関連情報