コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマン Samain, Albert Victor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマン
Samain, Albert Victor

[生]1858.4.3. リール
[没]1900.8.18. マニレアモー
フランスの象徴派詩人。作品は処女詩集王女の庭で』 Au Jardin du l'infante (1893) 以下,高踏派への回帰を示す『花瓶の面に』 Au Flancs du vase (98) ,『黄金の馬車』 Le Chariot d'or (1901) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サマン

フランスの詩人。《メルキュール・ド・フランス》誌の創刊に関係し,その主要な寄稿者。象徴派(象徴主義)に影響を受けた。詩集《王女の庭にて》《壺の胴に》《黄金の馬車》など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サマン【Albert‐Victor Samain】

1858‐1900
フランスの詩人。北フランスのリールの生れ。1880年にパリに出,《メルキュール・ド・フランス》誌の創刊(1889)にも協力したが,小身公吏として病弱のうちに母子2人暮しの孤独な生涯を送った。処女詩集《王女の庭にて》(1893)の甘美でもの憂く漠とした悲哀感を漂わす詩風によって象徴派の一人とも目されるが,第2詩集《花瓶の胴に》(1898)はむしろ高踏派的な形式美を志向して諧調に富む異教的雰囲気を醸し出す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サマン
さまん
Albert Samain
(1858―1900)

「秋と黄昏(たそがれ)の詩人」とうたわれるフランス象徴派の詩人。リールに生まれ、パリに出て『メルキュール・ド・フランス』誌創刊に協力する。代表作に象徴派風の第一詩集『王女の庭で』(1893)、高踏派風の第二詩集『壺(つぼ)の肌に』Au flanc du vase(1898)がある。ほかに遺稿詩集『黄金の馬車』(1901)、『コント集』(1902)、2幕の詩劇『ポリュペモス』(1904上演)などがある。[窪田般彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サマンの関連キーワードC.O.S.M.O.S.~秋桜~サマンサタバサジャパンリミテッドフランチェスカ スキアボーネジンジャー・ツリー 異国の女エリザベス モンゴメリードリトル先生不思議な旅マイノリティ・リポートアダムズ・ピーク[山]ジョー・アン フルグブロークン・アローFollow Meセレウキアペリアこばんざめ佐藤サマンガーン州奥さまは魔女カタガン地方オロンテス川アユ ウタミシャマニズムチェ ヨサム

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サマンの関連情報