コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラミソーセージ サラミソーセージ salame

3件 の用語解説(サラミソーセージの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラミソーセージ
サラミソーセージ
salame

豚肉,牛肉などの畜肉を用いて牛の腸に詰めてつくられるドライソーセージの一種。香辛料としてにんにく,肉桂,にくずくなどを用い,数十日間徐々に乾燥する。長期の保存ができる。カナッペなどの材料として用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

サラミソーセージ

 ドライソーセージの一つ.低温で乾燥させてソーセージの水分を少なくし,保存性をよくしたもの.通常スパイスを多く用いる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラミソーセージ
さらみそーせーじ
salami sausage

ドライソーセージの一種。ウシとブタの赤肉を塩漬(えんせき)して粗びき肉にし、細かく刻んだ豚脂を加え、香辛料を強くきかせ、ラム酒などの洋酒を加えてケーシングに詰めて低温で乾燥させたものである。長時間乾燥させて水分を35%以下にするのと、香辛料を多く使用するためにきわめて保存性が高い。乾燥前に湯煮(ゆに)し、水分を55%以下で35%を超すように仕上げたものはセミドライソーセージに区分され、ソフトサラミソーセージがその代表。薄切りにして、オードブルやカナッペの材料、あるいは酒のつまみにする。イタリアン、ミラノ、ゲノア(イタリア)、ジャーマン(ドイツ)、ハンガリアン(ハンガリー)など、ヨーロッパにはいろいろな種類がある。[河野友美・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラミソーセージの関連キーワードコンビーフ雑肉サラミ食肉シュニッツェル他人丼畜肉チョリソー豚カツピカタ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サラミソーセージの関連情報