コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリチル酸中毒 サリチルさんちゅうどく salicylic acid poisoning

2件 の用語解説(サリチル酸中毒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリチル酸中毒
サリチルさんちゅうどく
salicylic acid poisoning

サリチル酸は,およそ 10~30gで成人が中毒し,30~40gで致死的に働く。ただし,この量には個人差がある。一般の人がサリチル酸を服用するのは,アスピリンなどの解熱鎮痛剤に含まれている場合だけである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

さりちるさんちゅうどく【サリチル酸中毒】

 サリチル酸は、解熱・鎮痛薬としての作用のほかに、血液をかたまりにくくする作用もあるので、動脈硬化(どうみゃくこうか)の進行を予防する目的で用いられることもあります。
[症状]
 耳鳴り、難聴、めまいがおこります。耳鳴りはほとんどの人におこり、最後まで続きます。
 当初は、呼吸数、換気量が増えて呼吸性アシドーシスがおこりますが、時間がたつと、脂肪の酸化が進み、代謝性アシドーシスもおこってきます。
 子どもは、意識障害におちいることが多いのですが、おとなは意識がはっきりしています。
 重症になると肺水腫(はいすいしゅ)がおこり、生命が危険になります。
[治療]
 事故から10時間以内であれば、初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄をします。
 脱水を改善するための点滴、尿からの薬の排泄(はいせつ)をうながすための強制利尿を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

サリチル酸中毒の関連キーワードアセチルサリチル酸サリチル酸メチル鎮痛剤サリチル酸ナトリウムサリチル酸フェニルサリチル酸ソーダ解熱・鎮痛薬中毒解熱鎮痛薬サリチル酸誘導体ヨード・サリチル酸・フェノール精

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone