コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリチル酸中毒 サリチルさんちゅうどくsalicylic acid poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリチル酸中毒
サリチルさんちゅうどく
salicylic acid poisoning

サリチル酸は,およそ 10~30gで成人が中毒し,30~40gで致死的に働く。ただし,この量には個人差がある。一般の人がサリチル酸を服用するのは,アスピリンなどの解熱鎮痛剤に含まれている場合だけである。軽症の中毒では,吐き気,嘔吐,胃痛,食欲不振などの胃腸症状が現れるので,投与するときには,同量の重曹とともに与えるのがよい。重症の中毒では,呼吸困難,発汗,不穏,錯乱,昏迷のほか,脱水症,発熱,出血,腎臓障害も起る。特異体質では,ごく少量の投与でも皮疹やアナフィラキシー症状を呈する。治療は,経口摂取に対しては胃洗浄を行なって,その後に下剤を与える。重症例には制酸剤ビタミンKの投与,補液を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

家庭医学館の解説

さりちるさんちゅうどく【サリチル酸中毒】

 サリチル酸は、解熱・鎮痛薬としての作用のほかに、血液をかたまりにくくする作用もあるので、動脈硬化(どうみゃくこうか)の進行を予防する目的で用いられることもあります。
[症状]
 耳鳴り難聴めまいがおこります。耳鳴りはほとんどの人におこり、最後まで続きます。
 当初は、呼吸数、換気量が増えて呼吸性アシドーシスがおこりますが、時間がたつと、脂肪の酸化が進み、代謝性アシドーシスもおこってきます。
 子どもは、意識障害におちいることが多いのですが、おとなは意識がはっきりしています。
 重症になると肺水腫(はいすいしゅ)がおこり、生命が危険になります。
[治療]
 事故から10時間以内であれば、初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄をします。
 脱水を改善するための点滴、尿からの薬の排泄(はいせつ)をうながすための強制利尿を行ないます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

サリチル酸中毒の関連キーワード妊娠中に必要な栄養素を多く含む食品混合スパイスその2インディアペーパー薄葉紙食物繊維1日のカルシウムの摂取の目安ダイエット糖尿病そら南蛮インディアペーパー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android