コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリンジャー サリンジャー Salinger, J.D.

5件 の用語解説(サリンジャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリンジャー
サリンジャー
Salinger, J.D.

[生]1919.1.1. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]2010.1.27. ニューハンプシャー,コーニシュ
アメリカ合衆国の小説家。フルネーム Jerome David Salinger。ユダヤ系の父とアイルランド系の母の間に生まれた。名門私立校のマクバーニー高等学校から陸軍士官学校に転じ,短期間ニューヨーク大学コロンビア大学に籍を置いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サリンジャー

米国の小説家。ユダヤ人を父としてニューヨークに生まれる。第2次大戦に志願して従軍した後,長編《ライ麦畑でつかまえて》(1951年)で欺瞞的な社会への反発を高校生の一人称で語って名声を得た。(1919-2010)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サリンジャー【Jerome David Salinger】

1919‐
アメリカのユダヤ系小説家。生れも育ちもニューヨーク市で,いかにも都会的なはにかみとソフィスティケーションに彩られた繊細巧緻な仕上げが作品の魅力の一つである。第2次大戦に徴集されて諜報訓練を受け,ノルマンディー上陸作戦にも参加したが,創作活動は戦時中も続き,《エズミに捧ぐ》は1950年を代表する秀作の一つとして激賞された。そして16歳の少年を主人公にした現代のピカレスク小説ともいうべき長編《ライ麦畑でつかまえて》(1951)は同世代の若者の絶大な人気を呼び,一躍作者を彼らのアイドルに祭り上げた感がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サリンジャー【Jerome David Salinger】

1919~ ) アメリカの小説家。ニューヨークに生まれ育ち,少年の不安を洗練された都会的な文体で描く。小説「ライ麦畑でつかまえて」「フラニーとゾーイ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サリンジャー
さりんじゃー
Jerome David Salinger
(1919―2010)

アメリカの小説家。1月1日ニューヨーク生まれ。父親はユダヤ人、母親はスコットランド系アイルランド人。1932年マンハッタンの名門校マクバーニー高校に入学するが1年後に退学、1934年バレー・フォージ陸軍幼年学校に入学、1936年に卒業。1939年コロンビア大学のホイット・バーネット教授の短編小説作法コースを受講、1940年同教授主宰の『ストーリー』誌に短編「若者たち」が初めて掲載された。第二次世界大戦時は志願してイギリスの防諜(ぼうちょう)部隊に配属され、ノルマンディー上陸作戦に参加。従軍中に書き続けた短編をいくつかの雑誌に発表、除隊後は主として『ニューヨーカー』誌に作品を発表。1951年、10年間の労作『ライ麦畑でつかまえて』で一躍脚光を浴びた。この作品は冒涜(ぼうとく)的言辞頻出のかどで教育界から強い批判を浴び、批評家の評価も定まらなかったが、若者たちに熱狂的に迎えられ、現在では十数か国で翻訳されている。以来「バナナ・フイッシュ日和(びより)」「エズメのために」「笑い男」など旧作を集めた『九つの物語(ナイン・ストーリーズ)』(1953)出版のほかは沈黙を守っていたが、1955年「フラニー」を発表。これは以後「大工よ、屋根の梁(はり)を上げよ」(1955)、「ゾーイ」(1957)、「シーモア――序章」(1959)および「ハプワース16 1924」(1965)と続き、「グラース・サガ」と通称される連作をなすものであるが、1961年に「フラニー」と「ゾーイ」の2作が『フラニーとゾーイ』として1冊にまとめられると、これも好評をもって迎えられた。「グラース・サガ」は、長男シーモア、次男バディを頂点とするグラース家7人の兄弟姉妹の物語。いずれも「豆博士」というラジオ番組出演の経験をもつ天才児で、強い結束を誇る個性的な一家である。そこでは多様な愛が語られるが、キリスト教から仏教、道教、俳句まで含む古今東西のおびただしい書物からの引用があふれ、極度に洗練された文体や多彩な構成と相まって特異な魅力の世界が展開される。私生活では1953年に生まれ育ったニューヨークを離れ、ニュー・ハンプシャー州コーニッシュに移住、1965年の「ハプワース16 1924」以後は作品も発表しなくなり、完全に世間との交渉を絶って隠遁(いんとん)生活を送った。[田中啓史]
『原田敬一訳『ハプワース16 1924』(1977・荒地出版社) ▽鈴木武樹ほか訳『サリンジャー作品集』第1~6(1981・東京白川書院) ▽野崎孝訳『ライ麦畑でつかまえて』新装版(1988・白水社) ▽刈田元司ほか訳『サリンジャー選集』全4巻・別巻1(1990・荒地出版社) ▽野崎孝訳『ナイン・ストーリーズ』『フラニーとゾーイー』(新潮文庫) ▽渥美昭夫著『アメリカ文学作家論選書 J・D・サリンジャー』(1977・冬樹社) ▽利沢行夫著『サリンジャー――成熟への憧憬』(1978・冬樹社) ▽繁尾久・武田勝彦著『サリンジャーの文学』増補版(1979・文建書房) ▽ウォーレン・フレンチ著、田中啓史訳『サリンジャー研究』(1979・荒地出版社) ▽繁尾久・佐藤アヤ子著『J.D.サリンジャー文学の研究』(1983・東京白川書院) ▽渥美昭夫・井上謙治著『サリンジャーの世界』(1992・荒地出版社) ▽高橋美恵子著『J・D・サリンジャー論』(1995・桐原書店) ▽田中啓史著『ミステリアス・サリンジャー――隠されたものがたり』(1996・南雲堂) ▽竹内康浩著『「ライ麦畑でつかまえて」についてもう何も言いたくない――サリンジャー解体新書』(1998・荒地出版社) ▽田中啓史編著『サリンジャー イエローページ 作品別(1940~1965)』(2000・荒地出版社) ▽イアン・ハミルトン著、海保真夫訳『サリンジャーをつかまえて』(文春文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサリンジャーの言及

【ライ麦畑でつかまえて】より

…アメリカの作家J.D.サリンジャーの名を一躍有名にした長編小説。1951年刊。…

※「サリンジャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サリンジャーの関連キーワードアメリカの声アメリカン亜米利加アメリカの没落アメリカの夢アメリカ アメリカアメリカの影アメリカの友人オースターシッフ

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サリンジャーの関連情報