コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サロス周期 サロスシュウキ

百科事典マイペディアの解説

サロス周期【サロスしゅうき】

状況のよく似た日月食が繰り返す周期。6585と1/3日,現行暦で18年と11〜10日。バビロニア時代から知られていた。
→関連項目周期

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サロスしゅうき【サロス周期 saros cycle】

日食や月食の起こる周期で18年と11日,すなわち6585日に当たる周期をいう。古くバビロニア時代から知られ,サロスとはアッカド語に由来するギリシア語で3600の意。6585日は,食年,朔望月(さくぼうげつ),近点月,交点月の最小公倍数にごく近く(19食年=6585.78日,223朔望月=6585.32日,239近点月=6585.54日,242交点月=6585.36日),この周期で地球上では似た状況の日食,月食が見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

サロスしゅうき【サロス周期】

〔saros はアッカド語に由来するギリシャ語で三六〇〇の意〕
月・地球・太陽の位置関係がほぼ同じ状態にもどり、日食・月食がほぼ同じ状況で起こる周期。一サロスは二二三朔望月さくぼうげつで、普通18年と11日。一サロス中に起こる日食・月食の平均数は、日食が四二回、月食が二九回。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サロス周期
さろすしゅうき
Saros cycle

日食や月食がおこる周期の一つ。日食や月食は、一つの食がおこってから一定の時間がたったときにほぼ同じ状況でおこることが多い。この時間間隔を食の周期という。食の周期にはいくつかあるが、その一つがサロス周期である。バビロニアの『サロス正典』に記載されている。サロスとはシュメール語の3600を表すことばのギリシア語訛(なま)りである。周期の日数は6585日で、18年と11日(間に5回、閏年(うるうどし)を含む場合は18年と10日)になる。これは223朔望月(さくぼうげつ)(=6585.3212日)と239近点月(=6585.5376日)と19食年(=6585.7806日)とが非常に近いためにおこる現象であるが、1サロスごとに日食の見られる地域は2.5度ずつ南に移るとともに116度だけ経度が西に移る。なお、1朔望月は月の満ち欠けの1周期、1食年は太陽が黄道と白道の交点を回る1周期である。
 サロス周期を用いて次々と予測できる日食の一群をサロス群という。一つのサロス群はまず北極のほうから始まり、1サロス周期ごとに南に移って南極で終わる。1サロス群のなかには平均72回の日食を含む。1サロスの間におこる日食の数の平均は45回で、そのうち29回が皆既食または金環食となる。月食は1サロスのうちに平均26回おこり、そのうち16回が皆既食となる。[関口直甫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサロス周期の言及

【月】より

…皆既日食が1地点から見える継続時間も7分以上にもなることがあるが,ふつうは2分から4分ほどである。同じように見える日食が18年ごとに起きることは大昔から知られ,これをサロス周期と呼んでいる。1サロス周期たつと,同じような日食でも見える場所は経度にして120゜西にずれる。…

※「サロス周期」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

サロス周期の関連キーワードアンティキティラ島の機械バビロニア暦ギリシャ語太陽観測逆行

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android