コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワギキョウ

百科事典マイペディアの解説

サワギキョウ

北海道〜九州,東アジアの日当りのよい山野の湿地にはえるキキョウ科の多年草。茎は枝分れせず直立し,高さ60〜100cm,披針形で細鋸歯(きょし)がある柄のない葉を互生する。
→関連項目ロベリア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サワギキョウ
さわぎきょう / 沢桔梗
[学]Lobelia sessilifolia Lamb.

キキョウ科の多年草。茎は直立して枝分れしない。葉は多数互生し、披針(ひしん)形で縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)があり、葉柄はない。8月ころ、茎は1メートルほどに伸び、茎頂に10花以上からなる総状花序をつける。花は濃青紫色でよく目だち、唇形で上下に開き、上側は2裂し下側は3裂する。日当りのよい湿原に生え、日本を中心に千島列島、朝鮮半島、中国東北部に広く分布する。季節感の著しい野草で、茶花などに人気がある。初夏のころ、長く伸びた茎を切り、浅い泥土中に挿芽すると、容易に殖やすことができる。水湿地に植えたり、水鉢に泥を入れて植える。
 同類のベニバナサワギキョウ(紅花沢桔梗)L. cardinalis L.は北アメリカ産で、高さ約1メートル、長楕円(ちょうだえん)形の葉が多くつく。7月ころ、茎上方に鮮紅色の花が段咲きとなる。春に種を播(ま)くと翌春に花を開く。株分けによっても殖やせる。[鳥居恒夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サワギキョウの関連キーワードハルリンドウ(春竜胆)湿生植物丁字菜顎無

サワギキョウの関連情報