コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワグルミ

百科事典マイペディアの解説

サワグルミ

クルミ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サワグルミ【Pterocarya rhoifolia Sieb.et Zucc.】

山中の沢ぞいに多いクルミ科の落葉高木。カワグルミともよび,長く垂れ下がる総(ふさ)に果実がつくようすから,藤グルミの名もある。樹高は30mにも達する。葉は奇数羽状複葉で枝先に集まってつき,その先に長い柄のある冬芽が形成される。葉軸には毛があり,小葉は15枚前後で,細鋸歯がある。雄花は尾状花序をなし,新枝の基部の芽鱗の腋(えき)から垂れ下がる。雌花は新枝の頂端に尾状花序をなす。苞の腋には,花被に囲まれためしべの二つの柱頭がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サワグルミ
さわぐるみ / 沢胡桃
[学]Pterocarya rhoifolia Sieb. et Zucc.

クルミ科の落葉高木。フジグルミ(藤胡桃)、カワグルミ(川胡桃)ともいう。高さ30メートル、径1メートルに達する。葉は羽状複葉で小葉は11~21枚、卵状長楕円(ちょうだえん)形から披針(ひしん)形、長さ6~12センチメートル、幅1.5~4センチメートル、先は鋭くとがり、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)がある。花期は5月。雄花は下垂する尾状花序につく。包葉が長く伸び、先に小包葉2枚と花被片(かひへん)1枚をつけ、雄しべは7~10本。雌花は包葉の腋(えき)に1個ずつつき、花被は浅く4裂する。雌花序も下垂し、果時に伸長して長さ20~30センチメートルに達する。翼果は小包葉が扁円(へんえん)形の大きな翼となり、幅2.2センチメートル。山地、谷間に生え、北海道南西部から九州にかけて分布する。幹はまっすぐで材は白色で軽く、細工物に利用し、葉は薬用とする。[伊藤浩司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サワグルミの関連キーワード真木真昼県立自然公園カメノコテントウクルミハムシ奥入瀬渓流奥入瀬川真木渓谷ノグルミ笹野彫り扇ノ山ケヤキ嵌宝楓戸隠山胡桃科煙草花塩地山桐釣竿尾瀬

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android