コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サングィネーティ サングィネーティSanguineti, Edoardo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サングィネーティ
Sanguineti, Edoardo

[生]1930.12.9. ジェノバ
[没]2010.5.18. ジェノバ
イタリアの詩人,小説家,劇作家,評論家。1956年トリノ大学文学部卒業。トリノ大学,サレルノ大学,ジェノバ大学教授を務め,「グループ63年」の結成メンバーの一人として,新前衛派の文学運動の形成・発展に貢献した。主著に,多言語を混入した詩集 "Laborintus"(1956),実験小説 "Capriccio italiano"(1963),"Il giuoco dell'oca"(1967),"Il giuoco del Satyricon"(1970),評論集 "Ideologia e linguaggio"(1965)など。一時政界にも身を置き,1976~79年ジェノバ市議会議員1979~83年イタリア共産党(→左翼民主党)所属の国会議員を務めた。(→イタリア文学

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サングィネーティの関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone