コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サングイネーティ サングイネーティ Edoardo Sanguineti

4件 の用語解説(サングイネーティの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サングイネーティ(Edoardo Sanguineti)

[1930~2010]イタリアの詩人・小説化・批評家。新前衛派の代表的人物として、実験的な作品を発表した。詩集「混沌」「栞(しおり)」、小説「イタリア綺想曲」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サングイネーティ【Edoardo Sanguineti】

1930‐
イタリアの詩人,小説家,評論家。ジェノバに生まれ,トリノ大学でイタリア古典文学を専攻し,文学史家ジェットの助手をつとめながら,詩法の内面から考察したダンテ論《マーレボルジェの解釈》《ダンテ研究三題》(ともに1961)を出版した。かたわら1950年代初めから実験的な詩作品を発表し,ギリシア語ラテン語フランス語ドイツ語,英語など多言語を混入させた詩集《ラボリントス》(1956),《エロトパエニア》(1958)を著し,同世代の詩人ジュリアーニバレストリーニらとともに新前衛派のアンソロジー《最新人》(1961)を刊行して,既成の詩壇を鋭く批判した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サングイネーティ【Edoardo Sanguineti】

1930~ ) イタリアの詩人・小説家・批評家。詩集「混沌」、小説「イタリア綺想曲」などで、重層的な言語遊戯により無意識界をさぐる。オクタビオ=パスらとの「連歌」にも参加した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サングイネーティ
さんぐいねーてぃ
Edoardo Sanguineti
(1930―2010)

イタリアの詩人、小説家、評論家。ジェノバに生まれ、トリノ大学でイタリア古典文学を専攻。若くしてギリシア、ラテン、イギリスフランスドイツなどの諸言語を混入させた詩集『ラボリントス』(1956)、『エロトパエニア』(1958)などを発表した。彼を含め同世代の詩人ジュリアーニ、バレストリーニ、パリアラーニポルタの5人の詩作品を編纂(へんさん)した詩選集『最新人』(1961)は、現代詩の主流エルメティズモ(錬金術主義)を鋭く批判した。これら5人が中心になって1963年パレルモで「63年グループ」を結成した。『イタリア綺想曲(きそうきょく)』(1963)、『双六(すごろく)遊び』(1967)、『サテュリコンの戯れ』(1970)は野心的な実験小説である。評論集には『思想と言語』(1965)、『ジョルナリーノ』(1976)などがある。1980年代以降、『ビスビディス』(1987)、『タイトルなし』(1992)、『コロッラーリオ』(1997)など、さらに前衛的な詩集を発表。その活発な活動により「新前衛派」の指導的存在になっている。また、日伊両国政府の合意に基づく「日本におけるイタリア2001年」に際して来日し、4月、東京・銀座で催された「詩の祭典」に出演、前衛音楽にあわせて詩の朗読を行った。ジェノバ大学教授でもあり、国会議員にも選出されている。[河島英昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサングイネーティの言及

【エルメティズモ】より

…このなかで,フローラはウンガレッティの句読点なしの短詩型をもっぱら〈断片主義〉の詩法ととらえ,〈エルメティズモ〉の本流をむしろクアジモドの詩作のほうに認めようとした。このような第二の方向性に沿った20世紀イタリア詩の解釈は,より若い世代の前衛詩人たち,たとえばサングイネーティによって支持された。サングイネーティは《20世紀詩選集》(1969)のなかで,サーバ,カルダレリ,ウンガレッティ,モンターレを〈新しい抒情詩人〉にまとめ,これと一線を画してクアジモド以下,ガット,シニズガリ,ペンナ,デ・リーベロ,ルーツィ,セレーニ,カプローニ,エルバを〈エルメティズモの詩人〉とした。…

※「サングイネーティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サングイネーティの関連キーワードシットウェルイタリアン評論家ダヌンツィオ北の詩人青柳優石川喬司郷原宏鶴岡善久森山啓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone