コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンザシ サンザシ Crataegus cuneata; hawthorn

4件 の用語解説(サンザシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンザシ
サンザシ
Crataegus cuneata; hawthorn

バラ科の落葉低木で,中国原産。薬用植物として渡来したものであるが,現在は庭木として栽植される。高さ 1.7mぐらいになり,分枝が多く,小枝が変形したとげがある。深緑色の葉は倒卵形で上方が3裂する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サンザシ

中国原産のバラ科の落葉低木。日本には享保年間に薬用植物として朝鮮から渡来。茎はよく分枝し,とげがある。葉は倒卵形で,縁にはあらい鈍鋸歯(きょし)があり,上部は多くは3裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サンザシ【Crataegus cuneata Sieb.et Zucc.】

中国原産で,庭木として栽植されるバラ科の落葉低木。高さは1~1.5mで,多くの枝を出し,新枝は有毛でとげがある。葉は広倒卵形から楕円状長卵形で,上部で浅~深3裂することが多く,葉縁には鈍鋸歯がある。春に新葉が展開するとともに,枝の先に散房状に数花をつける。花は5弁,白色で,直径は約2cmである。秋に熟す果実は球形で,直径約1.5cm,通常紅熟し,山楂(さんざ)と呼ばれ,薬用とされて利尿,通経に効きめがあるとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンザシ
さんざし / 山査子
[学]Crataegus cuneata Sieb. et Zucc.

バラ科の落葉低木。高さ約2メートルで、枝を多く分け、短枝の変化した刺(とげ)がある。葉は互生し、倒卵形、長さ3~6センチメートルで上部は浅く3~5裂して鋸歯(きょし)があり、基部はくさび形である。托葉(たくよう)は半卵形で縁(へり)に鋸歯がある。5月に散房花序をなして径約1.5センチメートルの白色花が5~7個開く。花弁は扁円(へんえん)形で5枚、雄しべは20本で葯(やく)は赤く、雌しべは4~5本ある。果実は扁球形、径約2センチメートルのなし状果で、頂端に萼片(がくへん)が残り、9~10月に赤く熟す。果実が黄熟するものをキミノサンザシという。中国中部原産で享保(きょうほう)年間(1716~36)には日本に入っていた。庭木や盆栽にし、繁殖は実生(みしょう)、挿木による。果実はクエルセチン、クロロゲン酸、オレアノール酸などのほか消化酵素を含み、消化促進作用があり、健胃、整腸薬に用いる。
 類似種のセイヨウサンザシC. oxyacantha L.はヨーロッパ、北アフリカに分布し、メイフラワーとよばれ、小高木となり白色一重の5弁花を開く。日本ではセイヨウサンザシの園芸品種で紅色八重咲きのアカバナサンザシがよく植栽される。[小林義雄]

文化史

中国では古くから知られ、紀元前2世紀の『爾雅(じが)』に「」の名で載る。サンザシ属は中国に16種あるが、中南部のサンザシ(野山)と北部のオオミサンザシ(山大果変種、山里紅)が代表的で、後者は果実が2.5センチメートルにもなり、生食以外に竹の串(くし)に挿し氷砂糖をまぶした氷糖壺、ゼリー(山膏)、ジュース(山汁)などの加工食品が親しまれてきた。漢方ではサンザシの実を健胃、消化不良、強心などの薬に使う。江戸時代には渡来しており、鉢植えで観賞された(『増補地錦抄(ぞうほちきんしょう)』1710)。セイヨウサンザシはイギリスでは5月に咲き、メイフラワーMay flower(5月の花)とよばれる。ローマ時代から厄除(やくよ)けに使われ、伝説や俗信が多い。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンザシの関連キーワードアオキ(青木)ナニワイバラ金糸梅白木蓮難波薔薇アメリカ梯姑シュガーアップルシジミバナモッコウバラリキュウバイ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンザシの関連情報