コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンショウバラ

2件 の用語解説(サンショウバラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サンショウバラ

富士・箱根を中心とした地域の山地にはえる日本特産のバラ科の落葉低木。枝にはとげが多く,葉は9〜19個の小葉からなる羽状複葉で,下面には軟毛がある。6月,淡紅色で径5〜6cmの5弁花が短い枝の先に1個つく。
→関連項目ノイバラバラ(薔薇)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンショウバラ
さんしょうばら / 山椒薔薇
[学]Rosa hirtula (Regel) Nakai

バラ科の落葉低木。バラ属のものとして珍しく高木性となる種類で、幹は太く、径10センチメートルにもなる。樹皮は灰白色を帯びる淡褐色で、古くなるとはげる。枝はほぼ直角に茂る。刺(とげ)は基部が広い扁平(へんぺい)で、普通は葉柄の基部に相対につく。葉は羽状複葉で長さ6~10センチメートル、小葉は9~19枚、緑色または暗緑色で裏面は淡色。6~7月、小枝の先に径5~6センチメートル、淡紅色ぼかしの5弁花を1個つけ、1~2日で落花する。雄しべは多数、葯(やく)は黄色で大きい。花柱は離生し綿毛がある。やや甘い香りがある。果実は堅く扁球形で径約2センチメートル、刺が多く、熟すと甘い香りが強い。名は、葉がサンショウによく似ることによる。材質が堅く、斧(おの)の柄(え)にするのでオノギともいう。富士箱根地方(山梨、神奈川、静岡県)に分布する。
 近縁のものに、きわめて重弁で八重咲きのイザヨイバラR. roxburghii Tratt.がある。樹形がサンショウバラに比して横張りで、葉裏の葉軸に腺毛(せんもう)、刺毛(しもう)がなく、また結実しない。名は、重弁花の一方に欠けたところがあるので、十六夜(いざよい)の月に見立てたもの。野生種はなく、盆栽や盆養に適し、江戸時代から用いられている。[鈴木省三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサンショウバラの言及

【ノイバラ】より

…以上は,花の白い野生バラであるが,紅色の花が咲くもののなかには,高山に生えるオオタカネバラR.acicularis Lindl.と,その変種のタカネバラvar.nipponensis Koehneがあり,前者は北海道と本州中北部に,後者は本州中部と四国の山地に分布する。サンショウバラR.hirtula Nakaiは,名のごとく葉がサンショウに似ており,やはり淡紅色の花を開き,野生のバラとしては分布範囲が狭く,神奈川,山梨および静岡県に生じ,箱根のあたりではよく目につく。四国の南部などで大きな白い花の咲くナニワイバラR.laevigata Michx.(英名Cherokee rose)は,通常生垣などに利用されているが,所によって野生化している。…

※「サンショウバラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サンショウバラの関連キーワード王畿丹沢山地東山道熱帯ラインラント山椒薔薇ヤマモモエヒメアヤメ室蘭追直地域マリンビジョン河野清助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone